物価上昇圧力一服予想も当面は高止まりか?

スポンサーリンク

日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0.2%上昇、前年比8.7%上昇、CPIコアは前月比0.5%上昇、前年比6.1%上昇となっています。

今回のCPIでは、原油価格の下落から総合の低下が予想されていますが、市場では先日の雇用統計で平均時給が上昇したため、エネルギー価格の上昇だけでなく、より構造的なインフレに陥っている可能性があるとして、コアが注目されています。

また、日本時間11日21時30分には7月の米生産者物価指数が発表されます。PPI(最終需要)の大方の予想は、前月比0.2%上昇、前年比10.4%上昇、変動の大きい食品とエネルギーを除いたPPIコアは前月比0.4%上昇、前年比7.6%上昇となっています。

今月発表されたISM製造業と非製造業の支払価格指数をみると、製造業が2020年8月以来、非製造業が2021年2月以来の水準に低下しています。また、NY連銀の7月のGSCPIは+1.84と2021年1月以来の水準に低下しているなど、コスト・プッシュ・インフレ(供給側に起因したインフレ)は緩和傾向にあることが示唆されています。

ただ、先週末に発表された米雇用統計では、時間当たりの平均賃金が前月比0.5%上昇、前年比5.2%上昇と、予想を上回る伸びが示されており、労働市場を要因としたインフレには一服感がありません

最近の原油や小麦などの一次産品価格の下落やガソリン価格の下落が続いていることから今月の物価上昇圧力は減速することが見込まれますが、賃金や賃料などの上昇が一服するまでは、インフレは高止まり状態が続きそうです。

発表元:https://www.bls.gov/
リリース日:https://www.bls.gov/schedule/news_release/ppi.htm


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 早いものでもうすぐ1月も終わりです。「一月往ぬる二月逃げる三月去る」とはよく言ったもので、このままだ…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 27日、小幅反発、日経平均は5日MA上を維持するも小陰線を形成…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 27日、小反発、週末で方向感のない小動きとなるなか商いは決算発…
  4. 東京CPIで相場が動く時代が到来するとはね。以前から、先行指標で追跡していたのだが、反応したのは初め…
  5. 値動きが悪くなってきました。昨日は、ドル売りが加速すると少し走るかなと思っていたのですが、不発に終わ…
  6. TSR:129円93銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:129円90銭-130円90銭 前日のU…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売!!!

    INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売中!!! ◆い…
  2. FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!!!

    FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダ…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook