豪中銀は5会合連続利上げ予想、利上げペース抑制の可能性も

スポンサーリンク

日本時間6日13時30分にオーストラリアの政策金利が発表されます。大方の予想では、2.35%と現行の1.85%から50ベーシスポイント(bp)の引き上げ、5会合連続での利上げが見込まれています。

先月16日に公表された8月の理事会議事要旨では、規定の軌道上にはないものの、インフレ期待を抑制するために追加利上げが依然として必要などとの見解が示されました。

翌17日に発表された第2四半期の豪賃金価格指数は、前期比0.7%上昇(予想0.8%上昇)、前年比2.6%上昇(予想2.7%上昇、前四半期2.7%上昇)と伸びは加速しましたが、予想を下回る伸びです。

また、18日に発表された7月の豪雇用統計では、失業率が3.4%に低下しましたが、雇用者数は4万900人減と今年初めての減少となっています。

豪中銀はインフレ率のピークアウトをまだ先と見ているなか、物価上昇傾向と失業率の低下傾向に変化があるまでは、利上げは継続しそうです。ただ、直近の指標からは利上げペースが抑制される可能性も意識されます。

◆RBA理事会とは

オーストラリア準備銀行(RBA)は、原則として毎月第1火曜日に開催する金融政策理事会で政策金利を含む金融政策を決定します。なお、1月は夏休み期間のため、理事会の開催がなく、年11回の発表となります。

政策金利として採用されているのは、銀行間取引の翌日物貸出金利であるオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)の誘導目標になります。

RBAの「金融政策」の目的は、法律で、①通貨価値の安定、②最大雇用の維持、③経済的繁栄と厚生の促進と定められています。また、インフレの抑制を「金融政策」の一義的な中期目標と位置づけ、消費者物価の上昇率を年2~3%で安定させることとしています。

発表元:https://www.rba.gov.au/
リリース日:https://www.rba.gov.au/schedules-events/calendar-2022.html


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 早いものでもうすぐ1月も終わりです。「一月往ぬる二月逃げる三月去る」とはよく言ったもので、このままだ…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 27日、小幅反発、日経平均は5日MA上を維持するも小陰線を形成…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 27日、小反発、週末で方向感のない小動きとなるなか商いは決算発…
  4. 東京CPIで相場が動く時代が到来するとはね。以前から、先行指標で追跡していたのだが、反応したのは初め…
  5. 値動きが悪くなってきました。昨日は、ドル売りが加速すると少し走るかなと思っていたのですが、不発に終わ…
  6. TSR:129円93銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:129円90銭-130円90銭 前日のU…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売!!!

    INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売中!!! ◆い…
  2. FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!!!

    FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダ…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook