板垣哲史の今週の為替戦略(2/1)= ドル円はレンジ上限の動きか

スポンサーリンク

マーケット・サマリー
2月の第一週を迎え、米重要経済指標の発表が目白押してある。バイデン大統領は、次々と大統領令を発動し、トランプ色を一掃しようとして歴代最多の31令に及ぶが中でも違法移民の無制限の受け入れには、あっさり憲法違反で却下された。他にも、各州から次々と訴訟を起こされている。今週は重要経済指標の発表が予定されているが、中でも影響大の順では、ISM非製造業景況指数(3日)、雇用統計(5日)、1月ISM製造業景気指数(1日)が予想より良い数値が出るか、12月の数値をどのぐらい上回るか否かに注目。良ければダウ再上昇、ドル高となり、逆に予想以下の数値の場合は、ダウの続落、ドルの反落となる。ウィルス感染拡大への懸念とワクチン摂取情報と米国追加経済活性策への期待とが交錯しているが、バイデン次期大統領が提示した1.9兆ドル規模の追加経済対策を受けた回復期待に債券利回り上昇に伴うドル買いが下値を支えることはトレンドとして期待できそうだ。

USD/JPY: ドル円はレンジ上限の動きか
前週はドルの買戻しで、レンジの上限まで円安が進んだが、今週は、緊急事態宣言が継続中であり、延長もありそうなことから、米経済指標の結果によって、揺れ動く展開になりそうだ。

200日修正指数移動平均レート (Modified Exponential Moving Average: MEMA) は106.68、90日指数移動平均レートは105.24、55日指数移動平均レート104.56、 21日移動平均レートは103.98、10日移動平均レート103.96です。

直近2週間の実績レンジ
高値104円94銭 / 安値103円32銭 半値104円13銭 (前週103円51銭)

今後1週間の予想レンジ
高値105円50銭 / 安値103円50銭

EUR/JPY: ユーロは弱含み継続か
2月の第一週を迎え新型コロナの感染拡大傾向が依然続いているが、ユーロ域内の国の政治状況が不安定で、イタリアでは、内閣総辞職の可能性が浮上し、またロシアとドイツ間の天然ガスパイプライン建設について、路地庵政局の混乱から、完全に暗礁に乗り上げたようだ。故に円に対してもやや弱含みか。

200日修正指数移動平均レート (Modified Exponential Moving Average: MEMA) は123.19、90日指数移動平均レートは124.07、55日指数移動平均レート124.95、21日移動平均レートは125.88、10日移動平均レート126.30です。

直近2週間の実績レンジ
高値127円35銭 / 安値125円08銭 半値126円22銭 (前週126円42銭)

今後1週間の予想レンジ
高値127円25銭 / 安値124円75銭

GBP/JPY: ポンドはしぶとい動き
新型コロナウイルス変異種の感染拡大で厳格な都市封鎖により、景気後退感は根強いがワクチン接種が他国より比較的早く、期待も根強い。ユーロから離脱したことで、イギリス経済は厳しいとの前評判を覆して、強含みに推移してきているのは、ユーrから離れて経済、金融政策がかなり敏速に対応できていることが原因のようだ。原油価格の上昇も後押し。

200日指数移動平均レート (Modified Exponential Moving Average: EMA) は138.38、90日指数移動平均レートは137.91、55日指数移動平均レートは138.38、21日指数移動平均レートは140.57、10日移動平均レート141.93です。

直近2週間の実績レンジ
高値143円96銭 / 安値140円35銭 半値142円16銭 (前週140円88銭)

高値143円25銭 / 安値139円50銭

記載内容は、(株)日本トーマスモアコンサルティング社が独自に作成したもので無断転載は禁ぜられています。
記載内容は投資判断の参考となる情報の提供を目的として作成されたもので、投資誘導を目的としたものではございません。通貨の選択、投資時期の最終決定は御自身の判断でなさるようにお願いたします。また、このレポートに関する解説者本人へのお問い合わせはお受け致しかねますのでご了承下さい。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週もドル円はよく動きましたね。7月の米消費者物価指数が発表された10日の値幅は3.27円あり、今年…
  2. 今日のドル円は、ギクシャクしながら回復。モタモタしているのも当然で、CPIとPPIで 激しく売られ…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、3日ぶりの大幅反発、日経平均は上値の抵抗を突破して陽転…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 12日、大幅反発、米CPIが予想を下回り米国株が大幅高となった…
  5. ドル円、上に下に大きく動きますね。「雇用統計の敵はCPIで!」って感じで、雇用統計でショートが一掃さ…
  6. TSR:133円65銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:132円65銭-133円65銭(ドルレンジ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook