板垣哲史-きょうの戦略$/¥=133.87(6月10日)

スポンサーリンク

TSR:133円87銭
本日のUSD/JPY予想レンジ:133円60銭-134円60銭(ドルレンジ)
前日のUSD/JPY実績レンジ:134円56銭-133円18銭-134円40銭(09日)

欧州中銀(ECB)は市場の予想通り、量的緩和を7月1日で終了し、11年ぶりの0.25%利上げに着手するとの発表。しかし反応はまちまち。NY市場では、米週次新規失業保険申請件数が22.9万件と予想の20.6万件を超え、ドルは一時若干売られたが再び4円台へ戻した。米金利は上昇と共にダウは大幅下落で冴えない動き。日米金利差を注視しその傾向が開く方向である限りドルロングを維持すべきであろう。今後とも日米の金利差に注目。

中国がゼロコロナ政策でGDPが確実に鈍化。6月初旬からに徐々に解除に向かい始めたが、世界経済への負の影響の波及が今後懸念される状況継続に警戒。

いずれにせよ、FRBは6月7月と連続利上げ強硬策変わらず、米国の株価の上値は重くダウは31千ドル-34千ドルのレンジ内に当面は留まりそうだ。かつて巨額な貿易黒字時代の下で流行った「有事の円買い」と言われた時代は完全に終了したようだ。

個人投資家のUSD/JPYのポジションは、134円40銭でドルの買い持ちは64%と2%up。EUR/JPYは142円69銭時点でユーロの買い持ちは63%と2%down。

※注 TSRとは弊社独自の指標で、ニューヨーク引け値が、この価格(TSR)を上回って終われば当日は上げ、下回れば下げの傾向が強いことを示唆する指標であるが日中、新情報等によってブレイクする場合がある。なおトレーディングはご自身の判断でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 半期末のせいか、ギクシャクした動き、欧州はNYが来る前に仕込みで135.58.とても高値圏にいるよう…
  2. 日米金利差などを背景に円安が続くなか、鈴木財務相が「必要な場合には適切な対応を取る」などと為替介入も…
  3. 昨日も欧州時間からドル買いとなりました。昨日も書きましたが、ドル円は、東京のドル売り、欧州&NYのド…
  4. TSR:135円75銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:135円55銭-136円55銭(ドルレンジ…
  5. マーケットコメント-テクニカル分析 28日、日経平均、TOPIXともに25日MAを突破、TOPIX…
  6. マーケットコメント-マーケット情報 28日、日経平均は4日続伸、TOPIXは3日続伸、配当などの権…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook