工作機械受注額の減少と株価

スポンサーリンク

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

10日に発表された9月の工作機械受注額は速報値で受注総額1,532億円と前年同月比で+2.9%となり、高水準を維持していますが、内需は2018年3月の755億円をピークに、外需は同じく2018年3月の1,073億円をピークに減少傾向にあります。特に外需でもっとも金額の大きい中国は2017年11月の412億円をピークに減速傾向が強く、2018年8月は189億円と2017年11月と比べて54%の減少となっています。

図は1998年1月からの工作機械受注額の推移です。中国はデータを取得できる2009年6月から2018年8月までを表示しています。また、右軸にはTOPIX、東証株価指数を表示しています。過去を見ると工作機械受注額とTOPIXには相関関係、つまり工作機械受注額と株価は同じ方向に動く傾向がありそうです。

中国での工作機械受注額が減少しているのは米中貿易摩擦の影響が指摘されています。ただ、工作機械受注額は上下変動が大きいことも分かります。中国に関しては2013年1月に79億円、2016年8月には106億円と受注額が小さかった月もあり、2018年8月の189億円は短期的な景気サイクルの減速局面の途中と言えるかもしれません。

中国景気が減速傾向にあるとすると、工作機械受注額とTOPIXの相関関係から日本株には売り材料となりそうです。中国での受注額が回復傾向を見せるまで日本株にとっては厳しい局面が続くかもしれません。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 14日、4日ぶりの反発、TOPIXと日経500は前日の下落分を…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 14日、米株高がきっかけとなり4日ぶりの大幅反発、日経平均は2…
  3. 今週は水曜日の米消費者物価指数で相場が大きく動きましたね。長期金利も上昇し、一気にインフレ懸念が強ま…
  4. 円以外は、CPI相場の前に戻った。大騒ぎは、あの日だけとなったね。金利も安定。今日は、全ての動きが、…
  5. 昨日は、ドル買い一服でしたね。最近の相場をみていると、比較的実体の長い線が立っても、相場が続かないで…
  6. きょうの戦略$/¥=109.60(5月14日) TSR : 109円60銭 本日の予想レンジ :…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳 好評…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook