米国利下げの可能性は?

スポンサーリンク

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

日本が連休中の5月1日、米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)において政策金利の据え置きを決定しました。

昨年の時点で米国の政策金利は今年も利上げが行われることが想定されていましたが、昨年末の株式市場の急落や米国の経済指標に景気の鈍化傾向が見られたことから、FRBのパウエル議長は利上げの方針から利上げに慎重な姿勢に転換し、今年は利上げどころか利下げがあるのではないか、と見られています。

図1は金利先物取引に織り込まれている、12月のFOMCにおける米国の政策金利の予想です。

政策金利は現状2.25~2.50%ですので、5月8日時点の金融市場において12月のFOMCで現状通りとなっている確率は45.7%、2.20~2.25%に下がっている確率は39.6%と予想されています。

1カ月前は現状通りとなっている確率が52.3%、2.20~2.25%に下がっている確率が36.6%と予想されていましたので、直近1カ月で利下げが行われる確率が上昇したことになります。

一方で政策金利を決めるFOMCの参加メンバーの将来の金利予想はどうなっているかというと、図2にありますように2019年末には2.38%が予想の中心となっており、現状の政策金利の範囲内になっています。FOMCメンバーは3月時点で12月での利下げは考えていなかったようです。

図1と図2の数値は今後の経済情勢によって大きく変化する可能性があり、現時点の予想は将来を保証するものではありませんが、市場は利下げを期待しており12月のFOMCまでに利下げが行われないと米国株にとっては下落要因となるかもしれません。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

*本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 昨夜の雇用統計には、びっくりしましたね。非農業部門雇用者数が事前予想100万人増に対し、26.6万人…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 7日、小幅続伸、日経平均、TOPIXともに25日と75日MAに…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 7日、利益確定売りが優勢となるなか、バリュー株物色が継続し小幅…
  4. 雇用統計の数字を最初見た時、え?って感じで目がついていかなかった。ISMのサプライズがあったので、予…
  5. ゴールドがようやく1800ドルを上抜いてきました。いま、商品市場では、銅が2011年2月以来の高値と…
  6. きょうの戦略$/¥=109.24(5月7日) TSR : 109円24銭 本日の予想レンジ : …

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳 好評…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook