第1四半期決算の総括と成長期待銘柄

スポンサーリンク

2020年第1四半期(4-6月)決算発表が一巡しました。同期間においては新型コロナウイルス感染症拡大による世界経済の停滞によって、幅広い業種において業績が悪化するなど強い逆風の状況となりました。肌感覚でも感じられたと思いますが、製造業全体としては7割を超える減益となり、特に世界的な設備投資の減速を受けて鉄鋼や機械などが大幅な減益となりました。また、非製造業についても4割~5割ほどの減益になるなど、非常事態宣言の影響が窺えます。

第1四半期決算の振り返り

このように多くの企業にとって厳しい市場環境の中でも、増益となった企業については、主に以下のような要因が奏功したと考えられます。

  • 外出自粛による巣ごもり消費やテレワーク需要
  • 製品ミックスの変化
  • デジタル化加速に伴う新たな需要の取り込み
  • デジタル化推進に伴うコスト管理や効率化の進展

特に、経済産業省が研究会を立ち上げたことで2018年ごろから盛んに耳にするようになったDX(デジタルトランスフォーメーション)の流れは、新型コロナウイルスの感染が拡大する中でさらに加速していくものと考えられます。「国策に売りなし」の格言通り、政府が推進するDXよって需要が高まる企業や効率化が図られている企業などは、コロナ禍という特殊な状況の中でも改めて成長期待が高まりやすいでしょう。

一方で新型コロナウイルス感染症拡大の影響から依然として通期計画を開示できない企業も多数みられます。新型コロナウイルスの収束がみえてくるまでは世界経済への影響等を含めて不透明感の強い状況が続きそうですので、決算を受けたアク抜け感も高まりづらいと考えられます。

以上のような業績状況から、物色の流れとしては中々逆張りでの物色に向かいづらくなっており、業績に安心感があって強い上昇トレンドを形成している銘柄への資金流入が続きやすいようです。

成長期待銘柄をピックアップ

こういった需給状況の中、今回は第1四半期において事業の効率性が高まっている企業を抽出してみました(下表)。スクリーニング条件としては(1)3月期決算企業で、(2)第1四半期の営業利益が10億円以上、(3)伸び率が前年同期比20%以上、(4)売上高営業利益率が20%以上の銘柄を挙げてみました。

DX関連
ユナイテッド(2497)
デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性が高まっているなか、「DXプラットフォーム事業」を新たに今後の成長を見込む最注力事業と位置づけています。

日本M&Aセンター(2127)
緊急事態宣言によって営業活動も大きく制限されましたが、サテライトオフィスの新設、ウェブ会議システムの導入、各種セミナーのオンライン化などに取り組んだことにより、第1四半期における過去最高益を更新しています。

新型コロナウイルス関連
大幸薬品(4574)
消費者の衛生管理意識の高まりを受け、衛生管理製品に対する需要が高水準で推移しています。

巣ごもり消費関連
カプコン(9697)
大型新作タイトルとリピートタイトルのダウンロード販売が業績をけん引。

ディー・エヌ・エー(2432)
スポーツ事業が営業赤字に転じましたが、ゲーム事業では既存のタイトルが堅調に推移したほか、ライブストリーミング事業が黒字に転換しています。

任天堂(7974)
家庭向けゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けのソフト「あつまれ どうぶつの森」が記録的ヒットとなりました。

ピックアップした銘柄の多くは既に強い上昇トレンドが継続していることから、高値警戒感から手掛けづらさを覚える方もいらっしゃるでしょう。ただし、前述したように新型コロナウイルスによって引き続き先行きが見通しづらい状況においては、成長が確認できている数少ない銘柄に消去法的にも資金が集中しやすいと考えられます。

リスクを軽減したいと考えるのであれば、株式とあわせて日経平均を対象とするプット型eワラントをポートフォリオに加えておくことで、株式相場全体が下落した時の保険的な役割を期待することもできるでしょう。

(eワラント証券 投資情報室長 多田幸大)

* 本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週の為替相場は、ユーロを中心にドル買いに転じてきたようにみえます。昨年末の逆をやっているイメージで…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 15日、続伸で始まるも、日経平均はかぶせ足、TOPIXは陰線の…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 15日、米追加経済対策期待で始まるも売り物に押され、日経平均は…
  4. パウエルFRB議長の講演、バイデン次期米大統領の景気対策公表とイベントが続きましたがマーケットの反応…
  5. はしゃいで104円台に回帰したものの、結局それでおしまいというお粗末さ。ユーロに売り圧力がかかってい…
  6. きょうの戦略$/¥=103.75(1月14日) TSR : 103円75銭本日の予想レンジ : 1…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook