12日、東京市場は大幅反落。新大統領の会見に対する失望で円高にふれたことを嫌気

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

12日、東京市場は大幅反落。新大統領の会見に対する失望で円高にふれたことを嫌気

12日、トランプ次期大統領の記者会見に注目が集まるなか、会見での記者との言い合いに加え、減税やインフラ整備など、期待された政策について触れられなかったことが嫌気され、ドル円が下落して一時114円20銭をつけるなど大幅安となった反面、NYダウは98ドル高で終えるなど、NY市場での為替と株の反応が分かれたが、東京市場はドル円の下落(円高)に対する警戒が優勢となり、売り先行で始まった。日経平均株価は64円安で始まったあと、この取引開始時の価格が高値になったあと下げ幅を拡大するなど弱含んだ。また、為替市場で114円30銭台をつけるなど、NY市場で持ち直して終えていたドル円が、トランプ氏の会見のときにつけた114円20銭に近づいたこともあって輸出関連株を中心に売られ、日経平均株価は19,069円をつけるなど、一時295円安となる場面があった。その後はドル円のさげ渋りと買い戻しもあって下げ幅を縮めたが、結局戻しきれずに取引を終えた。

そうしたなか業種別では、石油・石炭、水産・農林の2業種が値上り。一方値下がりは、医薬品、紙・パルプ、精密機器、小売、ゴム、繊維、鉄鋼など31業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、日本カーボンの上昇が目立ったほか、コマツ、任天堂、ソニー、日経ダブルインバースが高かった反面、ユニー・ファミリーマートHD、東芝、アステラス製薬、コナミHDの下落が目立った。日経平均株価の終値は19,134円70銭、-229円97銭、TOPIXの終値は1535.41ポイント、-14.99ポイント。売買高は概算で20億07百万株、売買代金2兆3,761億円。

マーケットコメント-マーケット情報(1月12日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 22日、日経平均、TOPIXともに反落。TOPIXは再び5日M…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 22日、9日連続の2兆円割れと薄商いのなか、米株安や円高が重石…
  3. 前日とは打って変わって平穏相場。いつも、単発なんだよね。ドル円は、104-105-106の往来ばかり…
  4. きょうの戦略$/¥=104.52(10月22日) TSR : 104円52銭 本日の予想レンジ …
  5. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  6. ようやく動きましたね。ドル円が、やっと105円を割りました。下げ方をみると、ジリジリと水準を引き下げ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook