17日、GDPの大幅な落ち込みを受け一時大幅安となるも下げ幅を縮小して終了

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

17日、GDPの大幅な落ち込みを受け一時大幅安となるも下げ幅を縮小して終了

17日、取引開始前に発表された10-12月期GDP速報値が、予想を大きく下回る前期比年率-6.3%となったこと受け225先物が先行して売られ、東京市場は大幅安で始まった。日経平均は23,500円を割り込んで始まると、下げ幅を広げ23,335円をつけるなど一時351円安となる場面があった。ただ売りが一巡すると下げ渋る展開となったほか、香港ハンセン指数や上海総合指数が、中国人民銀行による資金供給などを好感してマイナスからプラスに転じたことも下げ幅を縮める要因となった。午後に入ってからは香港と上海指数が上げ幅を広げていたことに加え、為替市場でもドル円が109円80銭前後で小動きだったこともあって売り込む動きは見られず、今日の高値圏で終えた。ただ今晩のNY市場が休場となることから、売買代金はかろうじて2兆円を上回る水準となっている。

そうしたなか業種別では、ゴム、水産・農林の2業種が値上り。一方値下がりは、空運、食料品、金属製品、精密機器、陸運、倉庫・運輸、サービス、医薬品などとなっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、川本産業(東証2部)が+21.89%、大幸薬品が+19.96%、ダイトウボウが+11.60%と上昇が目立ち、ユニ・チャーム、楽天も高かった。一方値下がりは、オリエンタルランドの下落が目立ち、アドバンテスト、ソニー、村田製作所なども安かった。日経平均株価の終値は23,523円24銭、-164円35銭、TOPIXの終値は1,687.77ポイント、-15.10ポイント。売買高は概算で11億65百万株、売買代金2兆0165億円。

マーケットコメント-マーケット情報(2月17日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 3日、小幅に3日続伸、両指数ともに5日MA上を維持して終了 …
  2. きょうの戦略$/¥=104.10(12月4日) TSR : 104円10銭 本日の予想レンジ :…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 3日、3日続伸、ワクチンの実用化に対する期待が支えとなり小幅高…
  4. ようやくドル円が、下落しました。昨日からNYが売りに回ったけど、今回も、NY勢が買っても上がらなくな…
  5. NYは前日ドル円を買い上げられなかったね。本日は欧州が売り姿勢だが、まだ104円を守っている。どの通…
  6. 前日、NYで1.20を突破したが、今日は気迷いが多いようで、動きが悪い。もうあまり大きな節はないので…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook