7日、NYダウの大幅高が支援材料となるも一時マイナスに沈んだあと持ち直し

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

7日、NYダウの大幅高が支援材料となるも一時マイナスに沈んだあと持ち直し

7日、新型コロナウイルスの感染拡大が注目されるNY州で、ウイルスの感染による死亡者が横ばいになったと伝わり、感染拡大がピークアウトするのではないかといった期待が高まり、NYダウが1,600ドル超上昇していたことが支援材料となった。日経平均は18,800円台に乗せて始まったあと、さらに上げ幅を広げ19,162円をつけるなど一時586円高となる場面があった。その後は高値圏でのもち合いが続いて午前の取引を終えたが、午後に入って上値が重たくなると、小幅安になるまで売られる場面があった。一方取引時間中に中国の7日の死亡者が1月中旬以来の0人になったと伝わると買いが優勢になり、もち直して終えた。

そうしたなか業種別では、33業種すべてが値上り。上昇率が高かったのが、ガラス・土石、サービス、ゴム、金属製品、建設、倉庫・運輸などとなった反面、紙・パルプ、小売、水産・農林、電気・ガス、食料品などとなっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、日経レバレッジETFがトップで+3.95%となったほか、アドバンテストが12.74%と上昇が目立ち、リクルートHD、ニトリホールディングス、SUMCO、東京エレクトロンなどが高かった。一方値下がりは、デンカの下落が目立ち、富士フイルムHD、日経ダブルインバース、日経平均ベア2倍などとなっている。日経平均株価の終値は18,950円18銭、+373円88銭、TOPIXの終値は1,403.21ポイント、+26.91ポイント。売買高は概算で17億03百万株、売買代金2兆8,231億円。

マーケットコメント-マーケット情報(4月7日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ユーロが頑張って上げたものの、潰されている。ドル円は、相変わらずのプー太郎。やはり明日からかな。徐々…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 19日、3日ぶりの反発、日経平均は5日MAを上回るも+2σに届…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 19日、3日ぶりの反発、値嵩株主導で上げ幅を広げるも、わずかに…
  4. 多田幸大氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワ…
  5. 今週の為替相場は、ユーロを中心にドル買いに転じてきたようにみえます。昨年末の逆をやっているイメージで…
  6. 年末から年始にかけて新型コロナウイルスの新規陽性者数が急増したことを受けて、1月7日、菅首相は新型コ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook