16日、反落。アジア市場の上値の重たさや都内の感染拡大が重石

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

16日、反落。アジア市場の上値の重たさや都内の感染拡大が重石

16日、NYダウなどアメリカの主要株価指数は上昇して終えていたものの、東京市場は前日の大幅高ですでに織り込み済みとなり、小幅に反落して取引が始まった。日経平均は37円安で始まり、材料不足から22,900円をはさんだもみ合いがしばらく続いていたが、午前の取引終了にかけて上値の重たさを嫌気した売り物に押される展開となった。また、午前に発表された中国の経済指標は予想を上回る結果が多かったものの、上海総合や香港ハンセン指数がマイナス圏で軟調な値動きとなっていたことに加え、東京都の感染者数が過去最多を更新したと伝わったことなどから、午後に入って利益確定と見られる売り物に押され、そのまま今日の安値圏で終える結果となった。

そうしたなか業種別では、空運、不動産、その他金融、鉄鋼、繊維、水産・農林、紙・パルプ、鉱業など16業種が高かった反面、医薬品、電気・ガス、情報・通信、サービス、精密機器など17業種が安かった。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ソフトバンクGがトップで-1.45%となったほか、Aiming(マザーズ)が-17.22%と下落が目立ち、レーザーテック、中外製薬、エムスリーなどが安かった。一方値上がりは、日本取引所G、日産自動車、ANAHD、日本航空などとなっている。日経平均株価の終値は22,770円36銭、-175円14銭、TOPIXの終値は1,579.06ポイント、-10.45ポイント。売買高は概算で14億75百万株、売買代金2兆4,595億円。

マーケットコメント-マーケット情報(7月16日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 19日、3日ぶりの反発、日経平均は5日MAを上回るも+2σに届…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 19日、3日ぶりの反発、値嵩株主導で上げ幅を広げるも、わずかに…
  3. 為替は、動いたようで、たいして動いていない。つまり、いつも通り。今週は、木曜日、金曜日に指標が集中し…
  4. 昨日は、NY市場が休場だったこともあり、為替市場は盛り上がりに欠ける一日でした。今日は、イエレン前米…
  5. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、続落、窓をあけて5日MAを下回って始まるも、BBの+1…
  6. きょうの戦略$/¥=103.78(1月19日) TSR : 103円78銭 本日の予想レンジ :…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook