20日、大幅反落、米国株やアジア市場の下落を嫌気し、日経平均は23,000円割れ

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

20日、大幅反落、米国株やアジア市場の下落を嫌気し、日経平均は23,000円割れ

20日、米金融政策を決定するFOMCの議事要旨が公表され、景気の先行きに対する不透明感が示されたことや、NYダウなど主要株価指数が反落して終えていたことなどが嫌気され、東京市場は売り先行で始まった。日経平均は取引が始まったあと、買い戻されて下げ幅を縮める場面があったが、買いが続かず、プラス圏に浮上できずに売り直されると、再び下げ幅を広げる展開となった。また、他のアジア市場が軟調だったことや、日銀のETF買いへの期待が後退したことなどが午後に入ってからさらに売りを誘い、日経平均は22,851円をつけるなど一時258円安となるなか、約1週間ぶりに23,000円を割り込み、今日の安値圏で終える結果となった。

そうしたなか業種別では、空運、鉄鋼、保険の3業種が値上り。一方値下がりは、電気機器、不動産、金属製品、輸送用機器、精密機器、ガラス・土石、繊維、水産・農林など30業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ティアンドエス(マザーズ)が+15.68%と上昇が目立ったほか、日本航空、日経ダブルインバース、パナソニックなどが高かった反面、ZHD、アドバンテスト、村田製作所、富士通などが安かった。日経平均株価の終値は22,880円62銭、-229円99銭、TOPIXの終値は1,599.20ポイント、-14.53ポイント。売買高は概算で9億45百万株、売買代金1兆7,748億円。

マーケットコメント-マーケット情報(8月20日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ドル円が重くなってきましたね。昨日の日銀金融政策決定会合を受けて、一時、115.06まで上昇しました…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、日経平均は一時25日MAを上回るも上ヒゲ陰線を形成して…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 18日、続伸して始まるも米長期金利の上昇が嫌気され、マイナスに…
  4. TSR : 114円73銭 本日の予想レンジ : 114円55銭-115円35銭(ドル強レンジ…
  5. 日銀と総裁は、思った通りで、何もたいして変わりはなかった。いろいろ思惑を出していた向きもいたが、総裁…
  6. 先週発表された2021年12月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比の上昇率が7.0%と39年半…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook