28日、3日続落、安倍総理辞任の報道で一時600円超の下落となるも下げ渋って終了

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

28日、3日続落、安倍総理辞任の報道で一時600円超の下落となるも下げ渋って終了

28日、カンザスシティー連銀主催の金融シンポジウムのなかの講演で、パウエルFRB議長が物価目標の2%を上回っても容認すると新指針を示したことが米長期金利やドルの上昇につながり、対円で106円台後半をつけたことが好感され、東京市場は小幅高で取引が始まった。日経平均は取引開始後22,300円を上限にもち合いが続いていたが、昼休み中にドルが対円で106円94銭まで上昇したことや225先物が買われて23,390円をつけたことなどから、現物市場も上げ幅を広げて始まり、23,376円をつけるなど一時167円高となる場面があった。ただ、高値をつけたあとは夕方5時からの安倍首相の会見を控え、じわじわと上値が重たくなるなか、14時過ぎに「総理が辞任の意向を固める」との速報が流れると、株、為替市場で一気に株売り、円買いが進み、日経平均は22,594円をつけ614円安となったことに加え、ドル円も106円09銭まで円高が進んだが、取引終了にかけてそれぞれ買い戻しが入り、下げ渋って終える結果となった。また商いも大幅に膨らんだ。

そうしたなか、業種別では、保険、銀行、不動産、陸運、海運など13業種が値上り。一方値下がりは、情報・通信、電気機器、小売、倉庫・運輸、医薬品、その他製品など20業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、第一生命HD、東京海上HD、日経平均ベア2倍、日経ダブルインバースなどが高かった反面、ティアンドエス(マザーズ)、ニューラルポケット(同)の下落が目立ち、インターファクトリー(同)、神戸物産、エムスリーなどが安かった。日経平均株価の終値は22,882円65銭、-326円21銭、TOPIXの終値は1,604.87ポイント、-11.02ポイント。売買高は概算で16億66百万株、売買代金2兆8,251億円。

マーケットコメント-マーケット情報(8月27日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ドル円が重くなってきましたね。昨日の日銀金融政策決定会合を受けて、一時、115.06まで上昇しました…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、日経平均は一時25日MAを上回るも上ヒゲ陰線を形成して…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 18日、続伸して始まるも米長期金利の上昇が嫌気され、マイナスに…
  4. TSR : 114円73銭 本日の予想レンジ : 114円55銭-115円35銭(ドル強レンジ…
  5. 日銀と総裁は、思った通りで、何もたいして変わりはなかった。いろいろ思惑を出していた向きもいたが、総裁…
  6. 先週発表された2021年12月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比の上昇率が7.0%と39年半…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook