23日、反落、米増税発表を受けた株安が嫌気され一時大幅安となるも下げ渋り

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

23日、反落、米増税発表を受けた株安が嫌気され一時大幅安となるも下げ渋り

23日、米バイデン大統領が、富裕層を対象にキャピタルゲイン課税を引き上げるとしたことが米国の取引時間中に伝わり、NYダウなど主要3指数が下落して終えていたことが嫌気され、東京市場も売り先行で始まった。日経平均は29,000円を割り込んで始まり、その後28,770円をつけるなど一時417円安となる場面があったが、売りが一巡すると下げ幅を縮める展開となった。週末で売りポジションを買い戻す動きもあり日経平均は29,000円台を回復して下げ幅を152円まで縮める場面があったが、午後に入ってからは小動きとなり、戻しきれずに下落して終えた。

そうしたなか業種別では、空運、陸運、ゴム、不動産、電気・ガスなど11業種が値上がり。一方値下がりは、鉄鋼、機械、石油・石炭、非鉄金属、金属など22業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、日本電産がトップで-5.12%となったほか、ネオマーケティング(ジャスダック)、ステラファーマ(マザーズ)、gumi、マネックスGなどの下落が目立った反面、キヤノン、GDレーザ(マザーズ)、日経ダブルインバース、ソニーGなどが高かった。日経平均株価の終値は29,020円63銭、-167円54銭、TOPIXの終値は1,914.98ポイント、-7.52ポイント。売買高は概算で9億55百万株、売買代金2兆0044億円。

マーケットコメント-マーケット情報(4月23日)

「INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳」 好評発売中!

今年もよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週は、週初からドル売りとなり、米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて一段安、そして金曜日は戻り場…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 30日、大幅反落、日経平均はBBの-1σに押し返され大陰線を形…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 30日、国内の新型コロナウイルスの感染拡大やアジア株の下落を嫌…
  4. マーケットコメント-経済指標 30日、経済産業省が発表した6月鉱工業生産指数は前月比+6.2%と予…
  5. きのうは、ポンド高とドル安の組み合わせでしたね。ポンドは相変わらず強いです。昨日、1.4000付近ま…
  6. 注目されたFOMCは、政策変更はなく、相変わらず超緩和政策が続くといった内容でした。インフレは一時的…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳 好評…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook