12日、12月景気ウォッチャーは現状判断DI(原数値)が58.6と4ヵ月連続の上昇

スポンサーリンク

マーケットコメント-経済指標

12日、12月景気ウォッチャーは現状判断DI(原数値)が58.6と4ヵ月連続の上昇

12日、内閣府が発表した12月景気ウォッチャー調査の現状判断DI(原指数)は、前月差+0.1で58.6となり、景気判断の分かれ目とされる50を3ヵ月連続で上回った。一方、2、3ヵ月先を見る先行き判断DI(同)は前月差-5.1で49.5となり、50を4ヵ月ぶりに下回り、2ヵ月連続の低下となった。続いて季節調整値だが、現状判断DIは56.4、同+0.1と、わずかだが4ヵ月連続の上昇となり、3ヵ月連続で50を上回った。また、先行き判断DIは同-4.0の49.4と、こちらも2ヵ月連続の低下となったことに加え50を4ヵ月ぶりに下回った。この結果を受け、内閣府は「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響は残るものの、持ち直している。先行きについては、持ち直しが続くとみているものの、コスト上昇等や変異株をはじめ内外の感染症の動向に対する懸念がみられる」とし、基調判断を据え置いた。取引時間中の発表だったが、株式市場への影響は見られなかった。

マーケットコメント-経済指標(1月12日)

「INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳」 好評発売中!

2022年版から「1月始り」になります。よろしくお願いいたします。
おご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週もドル円はよく動きましたね。7月の米消費者物価指数が発表された10日の値幅は3.27円あり、今年…
  2. 今日のドル円は、ギクシャクしながら回復。モタモタしているのも当然で、CPIとPPIで 激しく売られ…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、3日ぶりの大幅反発、日経平均は上値の抵抗を突破して陽転…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 12日、大幅反発、米CPIが予想を下回り米国株が大幅高となった…
  5. ドル円、上に下に大きく動きますね。「雇用統計の敵はCPIで!」って感じで、雇用統計でショートが一掃さ…
  6. TSR:133円65銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:132円65銭-133円65銭(ドルレンジ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook