7日、FOMC議事録の内容を受け金融引き締めへの警戒が高まり大幅続落で終了

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

7日、FOMC議事録の内容を受け金融引き締めへの警戒が高まり大幅続落で終了

7日、3月に開催されたFOMCの議事要旨が公表され、バランスシートの縮小で、参加メンバーが総じて合意していたことが分かり、金融引き締めのスピードが速まるといった見方からハイテク株の比率が高いナスダック総合指数など、アメリカの主要株価指数が揃って下落していたことが東京市場の売り材料となった。日経平均は300円を超す下落幅で始まり、そのまま下げ幅を広げる展開になると27,000円を割り込み、26,801円をつけるなど一時548円安となる場面があった。一方午後に入ると、買い戻しで下げ幅を縮める場面があったが、時間外のNYダウ先物がマイナス圏で推移していたことに加え、他のアジア市場が下げ幅を広げるなど、軟調な値動きとなっていたことから戻しきれず、3月18日以来となる27,000円割れで取引を終えた。
そうしたなか業種別では、医薬品、水産・農林、食料品の3業種が値上がり。一方値下がりは、電気機器、非鉄金属、ガラス・土石、金属製品、サービス、不動産、鉱業など29業種、変わらずが電気・ガスの1業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、アステラス製薬、日経ダブルインバース、武田薬品、セブン&アイHDの4銘柄のみが上昇となったが、JTOWER(G)が-9.91%と下落が目立ち、レーザーテック、東京エレクトロン、アドバンテストなどが安かった。日経平均株価の終値は26,888円57銭、-461円73銭、TOPIXの終値は1,892.90ポイント、-30.01ポイント。プライム市場の売買高は概算で11億88百万株、同売買代金2兆8,624億円。

マーケットコメント-マーケット情報(4月7日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 25日、続落となり、日経平均は25日MAを、TOPIXは5日M…
  2. TSR:127円05銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:126円65銭-127円65銭(ドルレンジ…
  3. 今日の東京と欧州。な~~んだって感じ。昨晩の126円ミドルあたりの攻防激しかったんだけどなあ。切りが…
  4. ドル円が、127円をついに割りましたね。126.35まで下落して、今日は127円台前半まで戻してます…
  5. TSR:127円20銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:126円30銭-127円50銭(ドルレンジ…
  6. 悪化が予想された米指標前に硫黄島127が粉砕された。126.36まで落ち込んでからの戻りがあまりにも…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook