1日、3日続落、上昇して始まるも先物の売りに押され26,000円を割込んで終了

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

1日、3日続落、上昇して始まるも先物の売りに押され26,000円を割込んで終了

1日、朝方は先物が買われたことから小幅高で始まり、そのまま上げ幅を広げると、日経平均は26,531円をつけ138円高となる場面があった。一方買いが一巡すると反転して上げ幅を縮め、マイナスに転じて午前の取引を終えた。また昼休み中の時間外のNYダウ先物などが大幅に下落していたことを受け225先物も大幅安になると、日経平均も下げ幅を広げて午後の取引が始まった。取引が始まったあとも売り優勢が続くと26,000円をあっさりと割り込み、25,841円をつけ551円安となったあと取引終了にかけて買い戻され、下げ幅を縮めて終えたが、6月20日以来2週間ぶりに26,000円を割り込んで終えた。
そうしたなか業種別では33業種すべてが値下がり。下落率が小さかったのは、紙・パルプ、石油・石炭、化学、鉄鋼などだった反面、鉱業、ゴム、空運、電気・ガス、輸送用機器、非鉄金属などの下落率が大きかった。また全市場の売買代金上位30銘柄では、三井物産、三菱商事、INPEX、ファーストリテイリングなどが安かった反面、日経ダブルインバース、東京電力HD、三菱重工などが高かった。日経平均株価の終値は25,935円62銭、-457円42銭、TOPIXの終値は1,870.82ポイント、-22.75ポイント。プライム市場の売買高は概算で13億64百万株、同売買代金3兆2,144億円。

マーケットコメント-マーケット情報(7月1日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  3. 今夜は注目の7月の米消費者物価指数の発表です。予想は以下の通りです。 米7月消費者物価指数 …
  4. 日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0…
  5. TSR:134円95銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:134円60銭-135円60銭(ドルレンジ…
  6. よくわからない冴えない相場が続いている。ドル円は、134と135の繰り返し。今日は、ユーロが強い。オ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook