5日、午後に上げ幅拡大、日経平均は6月9日以来となる28,000円台を回復

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

5日、午後に上げ幅拡大、日経平均は6月9日以来となる28,000円台を回復

5日、米国株はまちまちで終えていたものの、日経平均との連動性が高いナスダック総合指数が上昇して終えていたことが下支えとなった。日経平均は小幅安で始まったが、直ぐにプラスに浮上すと、強弱が対立したあと先物主導で買いが優勢となった。また、時間外のナスダック先物がプラス圏で推移していたことが支えになると、じわじわと株価水準が切り上がり、28,000円台に乗せて午前の取引を終えた。また午後に入ってからも株価水準を切り上げ、28,190円をつけるなど一時257円高となるなか、雇用統計の発表を今晩に控え様子見ムードが広がり、小動きのまま今日の高値圏で終えた。

そうしたなか業種別では、鉄鋼、その他製品、食料品、卸売、証券、商品など29業種が値上がり。一方値下がりは、石油・石炭、鉱業、銀行、電気・ガスの4業種のみとなっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、大阪チタニウムが値幅制限いっぱいまで買われ+18.31%、HOUSEI(G)も+18.72%と上昇が目立ったほか、日本製鉄、丸紅、HOYAなども高かった。一方値下がりは、メルカリ、三菱重工業、ダブル・スコープ、ホンダなどとなっている。日経平均株価の終値は28,175円87銭、+243円67銭、TOPIXの終値は1,947.17ポイント、+16.44ポイント。プライム市場の売買高は概算で12億12百万株、同売買代金2兆8,716億円。

マーケットコメント-マーケット情報(8月5日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 驚き桃ノ木。ドル円は、今年最大の日足を出した。過剰な反応だと思ったが、私がそう思うだけで、市場はそう…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  4. 今夜は注目の7月の米消費者物価指数の発表です。予想は以下の通りです。 米7月消費者物価指数 …
  5. 日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0…
  6. TSR:134円95銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:134円60銭-135円60銭(ドルレンジ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook