<雑感>いよいよFOMC

スポンサーリンク

今夜は、いよいよ米連邦公開市場委員会(FOMC)。市場では、今回のFOMCでバランスシートの縮小が決定されるとみられている。10年に及んだ緩和政策の幕引きが始まる。

現在、FRBのバランスシートは、4兆5000億ドルにも膨らんでおり、リーマンショック前が9000億ドル程度だったので、この10年間にどれだけ肥大化したのかわかる、これだけ、お金がジャブジャブなのだから、米経済指標に陰りがみえても、米株が高値を更新するのも頷ける。

FRBは、6月にバランスシート圧縮を始める際には、満期が到来した保有債券の償還金のうち再投資する額を少しずつ減らす方針だと明らかにしている。当初の再投資見送り額は米国債が月額60億ドル、MBSが同40億ドルで、これを3カ月ごとに引き上げ、最終的に、それぞれ300億ドル、200億ドルとなる見込みだ。

問題は、どこまでバランスシートを縮小するかだ。これについては、いまのところアナウンスがない。先日、ダドリーNY総裁は、1兆ドル~2兆ドル程度まで縮小すると述べていた。つまり元通りには、しないということだ。もっとも、1兆ドルを超えるバランスシートの縮小という未知の領域のため、いまの時点で明確なゴールを示すのは危険なのだろう。

市場は、バランスシートの縮小を織り込んでいるようにみえるが、この影響が、途上国など、思わぬ場所、時間に出てくる可能性はある。また、バランスシートの縮小をすれば、本来なら、米債利回りが上昇するので、ドル買いになるのだが、ここにきて、ユーロやオージーなどは、対ドルでの再び年初来高値更新を狙う動きとなっている。マーケットは、少しずつだが、疑心暗鬼になっているように見えるのは、気のせいだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 米国株の下げが目立ってきましたね。ナスダックは、すでに昨年11月に付けた終値での最高値から10%超下…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 20日、両指数ともに3営業日ぶりの反発となるも、下向きの5日M…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 20日、買い戻しやアジア市場の堅調さが指数を支え、3日ぶりの反…
  4. TSR: 114円30銭 本日の予想レンジ: 114円00銭-114円80銭(ドルレンジ) 前日…
  5. ドル高が当たり前の予想が多かったが、最近、変質ぶりが目立つ。アメリカが正常化に向かうならば、覆い隠さ…
  6. TSR : 114円49銭 本日の予想レンジ : 114円20銭-114円80銭(ドルレンジ) …

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook