ユーロドル上昇の変調はNYに注目

スポンサーリンク

8月15日以降、相場の流れがドル買いからドル売りに転じている。ドル円は、相変わらず狭いレンジ内でもみ合いとなっているが、他通貨は動いている。

特にユーロドルは、1.17台前半まで上昇する場面があり、8月15日に1.1302ドルの年初来安値を付けてから、わずか2週間で400ポイント以上戻している。しかも、8月15日以来、支持となっていた1.15ドル、そして直近の下げのスタートとなった1.16台を上抜き、中期の下降トレンドも否定した。正直、ここまで戻すとは、思っていなかった。

今回の上昇の特徴だが、ユーロドルの上昇の始まった8月16日以降の日中足をみると、昨日まで9営業日あったのだが、23日を除く8営業日はNY時間に日足の高値を取っている。つまり、今回のユーロ買いはNY勢主導だ。今回の上昇局面、NY時間にユーロが売られ出したケース、もしくはNYで買われても買いが続かず、切り返されて陰線引けになったら相場に変調と考えてもいいだろう。

8月16日以降、ユーロドルの日足は8勝1敗、ユーロ円に至っては9日連続陽線だ。多少、過熱感は出ている。今年の相場は、強いと思っても、買って長期的な上昇に発展せず、弱いと思っても売っても下値を模索するような展開には至っていない。

 実際、ここまでのユーロドルの年初来の値幅は1046ポイント、変動率では8.72%しかない。過去10年の年間値幅の平均は2023ポイント、変動率では15.47%だ。今年の相場が、どれだけ値動きが悪いお分かり頂けるだろう。

 ユーロドルが、年初来安値を更新後、直近の下げのスタートを上抜き1.17ドル台に戻したものの、今年の相場の特徴を考えると、目先、NY時間に下落した時は、直近の上昇相場が転換ポイントを迎るとひとつのシグナルと考えてもよさそうだ。


☆あの『チャートの鬼』がついに復刻!

1994年に発売された「チャートの鬼」。投資家はもちろん、銀行のディーラーなど、実際に相場取引を行っている方が、最初に手にとる入門書として人気を博しました。

あれから24年……多くの投資家からの要望もあり、チャート分析本のパイオニア的存在が、チャートを刷新、新たな分析手法やコモディティ、金融商品の情報を加え、ついに復活。

株取引、為替取引、先物取引から、今、話題の仮想通貨取引にも活用できるチャート分析。初心者も、プロも、チャートにかかわるすべての人が1冊は持っておきたいバイブルです。
詳しくはこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今日の日銀金融政策決定会合が開催されました。案の定、何も変更はなかったのですが、注目は、午後3時30…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 27日、小反落、5日と25日MAがサポートになって下げ渋り、下…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 27日、小反落、東京以上は一時下げ幅を広げるも業績への期待で下…
  4. 今日の欧州時間は、ドル買い、円買いになっていますね。昨日、ドル円は114.31まで上昇し、少し驚いた…
  5. きょうの戦略$/¥=114.00(10月27日) TSR : 114円00銭 本日の予想レンジ …
  6. 円相場は、今までのパターンが復活した感じ。東京買い、欧州買い、定番のNYの買い。待ち伏せ売りが待つ。…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 予約受付中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 予約受付中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 予約受付中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 予約受付中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 FO…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook