<雑感>米国一人勝ち

スポンサーリンク

NYダウ   29297.64 + 267.42(+ 0.92%)
ナスダック 9357.13 + 98.44(+ 1.06%)
英FT    7609.81 – 32.99(- 0.43%)
仏CAC40 6039.03 + 6.42(+ 0.11%)
独DAX 13429.43 – 2.87(- 0.02%)
上海総合指数 3074.08 – 15.96(- 0.52%)
米10年債 1.8074 + 0.0244
英10年債 0.6410 – 0.0110
独10年債 -0.2200 – 0.0190

いきなり数値を羅列したが、これは昨日(1/16)の世界の主要株価と債券の終値だ。一目瞭然、米国の一人勝ちだ。メディアでは、米中通商協議が「第一の段階の合意」に達しことや、昨日発表された米小売売上高やフィラデルフィア連銀製造業景況感指数が予想を上回る好結果になったことが背景となっている。だが、米中合意は織り込み済みだったし、米国の一連の経済指標発表直後のプライスアクションをみていたが、急激に買われたというより、指標発表か時間をおいてジリジリと買われたという印象だ。

最近の米株・米債の動きをみている、世界中の有り余ったお金が米国に流れ込んでいるように思える。ただ、それと同時に、資金の逃避先されるゴールドやスイスフランも買われている。ドル円も上値を試すでもなく、狭いレンジ内での取引が続いている。株式市場では、リスクオンと言われているが、それとは逆のことも起こっているのも事実だ。

FRB、ECB、そして日銀と輪転機を勢いよく回していることが大きな要因なのだろうが、なんとも気味が悪い。相場として考えれば、短期的には、ドル円なら買いといった感じで、いまのトレンドについていくのが正解だとは思う。ただ、多少ヘッジはしておいた方が無難だろう。トランプさんは、この状況、特に株価を高値で維持しておきたいだろうしね。しかし、為替相場はボラのない日が続くね、干からびそうだよ。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 22日、日経平均、TOPIXともに反落。TOPIXは再び5日M…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 22日、9日連続の2兆円割れと薄商いのなか、米株安や円高が重石…
  3. 前日とは打って変わって平穏相場。いつも、単発なんだよね。ドル円は、104-105-106の往来ばかり…
  4. きょうの戦略$/¥=104.52(10月22日) TSR : 104円52銭 本日の予想レンジ …
  5. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  6. ようやく動きましたね。ドル円が、やっと105円を割りました。下げ方をみると、ジリジリと水準を引き下げ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook