緩和催促相場

スポンサーリンク

先週19日から相場が大きく動きだしている。19日は、「日本売り」の格好となり、ドル円は大きく上昇(円売り)した。予想以上に悪化した昨年10-12月期GDPや日本政府の新型コロナウイルスへの対応のまずさが「日本売り」にとなった。

そして、昨日、ダウ平均株価が1000ドル超の急落となった。新型コロナウイルスの感染者が世界的に急増し、パンデミックへの不安が高まったことから、世界経済への影響を巡る懸念が拡大したことが背景に、「米国売り」となった。もちろん、米債は買われ、10年債利回りは一時1.35%台まで下落した。

ここからだが、短期的には自律反発場面を迎えそうだ。市場は、すでに緩和催促相場となっており、米短期金利先物市場では、6月時点での利下げの確率が70%を超えている。新型コロナウイルスの危機が後退すれば、利下げと相まって株価は再び大きく上昇するだろう。その意味では、今回のような下落場面は、株式市場、ドル円ともに買い場と言っていい。

ただ、気になるのが、21日に発表された2月米サービスPMIだ。同指標だが、49.4と、2013年10月以来の低水準となった。製造業が50を切るのはわかるが、米経済の約3分の2を占めるサービス部門が2016年以来初めて縮小した可能性があるのは衝撃だ。まぁ、米国の経済指標なので、来月、大きく上方修正される可能性もある。

ただ、先日発表されたJOLT求人も予想外の減少となり、1月の米失業率も0.1%だが上昇した。これらの数値だけで、米国の景気がピークアウトしたと判断するのは、稚拙ではあるが、注意しないといけないサインが点灯を始めているのも事実だ。相場が「日本売り」と「米国売り」なれば、米国に分がある。ドル円は110.30-112.40のレンジを形成しながら、緩やかに上値を試す展開となりそうだ。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. きょうの戦略$/¥=110.57(6月21日) TSR : 110円57銭 本日の予想レンジ :…
  2. 今週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が全てでしたね。FEDがインフレを思いのほか気にしているのが…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、続落、日経平均は5日MAに押し返され、TOPIXは75…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 18日、小幅続落、TOPIXの下落が目立ち、日経平均は取引終了…
  5. ドル円は、109.94まで下げて、FOMC相場がなかったことにされた。クロス円の投げが招いたものとは…
  6. 昨日はドル買い、円買いでしたね。ユーロドルやオージードルは、米連邦公開市場委員会(FOMC)前から、…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳 好評…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook