ご都合主義

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大から、株式市場は大きく売り込まれている。その割には、ドル円の下げが限定的だ。110円前半では、いまのところ下げ渋りをみせている。その一方で、上値の25日の欧州時間の戻り高値がある110.70付近で重くなっている。どうも、再びやりにくい相場になってきた。

目先のレンジは、109円台後半~112円台前半、110円台前半から円高水準は、買いで対応している。ただ、いまの値動きをみると、ポジションを膨らませようとは思わない。きのうのNY時間、ダウ平均株価は460ドル超の上昇場面があった。以前なら、レンジから上放れした状況では、急伸とはいかなくとも、ジリジリと水準を引き上げていた。だが、ギクシャクした動きを繰り返したあと、あっさりと110.70で止まってしまった。

クジラの話もあるが、構造的に円高になりにくくなっているようだが、これらはあくまで日本サイドの話である。歴史的には、為替市場という国家戦略上の武器にもなる得るものを、節目節目で自国の都合で動かしてきたのは、米財務省である。その意味では第二次世界大戦後の為替相場の歴史は、米財務省の通貨戦略の歴史と言ってもいい。

その米国が、大統領選、中国との覇権争い、そして新型コロナウイルスの災禍による株価の暴落の中で、米連邦準備制度理事会(FRB)を使うにせよ、そろそろ何らかのアクションを取ってきても不思議はない。いまのドル円をみていると、そんな警戒感が強まってくる。考えすぎかもしれないけどね。ただ、みんなが揃って円安なんていう時は、あっさりハシゴ外されることも多い。用心に越したことはない。

まぁ、市民生活レベルで考えると、景気減速している中で、貿易立国が自国通貨の下落となれば、個人消費に大きな影響が出る。その意味では、いま極端な円安が進まない方が良さそうだけどね。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 1日、大幅反発。日経平均は小陽線を形成し61.8%戻しを終値で…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 1日、大幅反発、日経平均は年初来高値を更新したほか一時26,8…
  3. きょうの戦略$/¥=104.12(12月1日) TSR : 104円12銭 本日の予想レンジ :…
  4. 思ったよりユーロドルの戻りが早いです。って書こうと思っていたら、ブレグジットが合意する可能性が高まっ…
  5. ユーロが再び1.20に迫っている。NYが売り叩くと反発するという習性がある感じ。以前から何度か見てい…
  6. きのうは、ドル円が戻しました。先週も米PMIでドル円は戻しましたが、11月の月曜日は、なぜかドル買い…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook