乱打戦

スポンサーリンク

1190ドル安→357ドル安→1293ドル高→785ドル安→1173ドル高。直近5営業日のNYダウの前日比だ。終値が前日比で1000ドル以上の差があるのが、3営業日もあり、乱打戦が続いている。

これは、新型コロナウイルスの影響によるものだが、新型コロナウイルスは単なるトリガーであって、根本的な原因は各国中銀が輪転機を回し過ぎたとうことだ。日米欧だけで、1500兆円のお金をバラまいている。

市場参加者は、これまで疑心暗鬼の中、「買えば上がる、上がるから買う」という投資行動になり、チキンレースが続いた。そして、どこかでこの相場からゲットアウトと考えていたところに、新型コロナウイルスが発生した。

高値圏での乱高下は、相場の終わりを告げることが多い。金融危機が起こったわけではないので、今回も同様なケースになるかは疑問だが、各国がさらなる緩和政策を実行することから、新型コロナウイルスが落ち着くころには、株式市場が一旦は吹き上げる場面があるとみる。

さて、豪、米、加と続いた利下げだが、来週はECB、そして19日には日銀金融政策決定会合がある。日銀は、マイナス金利の深掘りをするのは、金融機関の収益のさらなる圧迫につながることから難しい。そうなると、2日、4年ぶりに国債買現先がオファーされたように、積極的な資金供給となる。

そして、ETFの買い入れ枠の拡大の可能性も高い。4日のFRBが0.50%の緊急利下げを実施したにもかかわらず、株価が暴落したのをみるとETFの買い入れは、いまの相場では利下げより効果はありそうだ。これまでの黒田さんの手法を考えると、具体的な数値を入れてきそうだ。

ただ、戦術的な勝利が戦略的な失敗を補うことはない。世界中の中銀が作りだしたバブルがいずれ崩壊するという流れに変わりはないだろう。

ドル円について言えば、米国が緩和に舵を切っていることもあり、戻り売り優勢の流れが継続されそうだ。なお、気掛かりなのは年金筋の買いだ。再びボラティリティが低下すれば、戻り売りから押し目買い相場に変わるので、突っ込んでの売りはしない方がいいだろう。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 26日、日経平均は3日続伸、TOPIXは5日続伸となるも過熱感…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 26日、反落して始まるも持ち直し、日経平均は1991年4月以来…
  3. 感謝祭。予定通りに閑散。買い本尊NYが不在なので、ドル円はあまり上がらないだろう。本格的動きは、月曜…
  4. きょうの戦略$/¥=104.458(11月25日) TSR : 104円45銭 本日の予想レンジ…
  5. 夜中の米PMIが意表をつくものだったので、相場は急激に動いた。ユーロは、欧州で昨日の下げを帳消しにす…
  6. ドル円は、金曜の朝から、月曜の夜まで、器用な事に全く動かない。なんでもAIに判断させるのが最近流行だ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook