チャンス到来だが・・・

スポンサーリンク

株式市場は、凄まじい相場が続いている。前日のダウ平均株価は、2997ドル安と過去最大の下げ幅を記録した。FRBが1.00%もの緊急利下げを実施し、策を使い果たした日にこの結果というのは、市場が求めているものが「金融緩和」ではなく、「財政政策」ということだ。この件については、以前も書いたし、いまさら感もあるので、きょうは割愛する。

さて、いまのマーケットをみると、各国中銀が大胆な緩和政策に動き、いまはノーガードの打ち合いが始まっている。金曜日にドル円が108.50まで上昇し、昨日は105円割れ目前まで下落するのをみても、値動きの荒さが分かるだろう、これだけ、値動きがあれば、投資家としては、チャンスだ。特に、過去2年間、低いボラティリティに悩まされていたドル円やユーロドルの中心に取引をしてきたプレイヤーにとっては、キター!という感じだ。

ただ、実際に取引をしてみると、高いボラティリティは、それなりにリスクもある。予想以上に担がれることも多い。米国が株価対策としてドル安政策を取ってくることから、ドル円は下降トレンドにはある。ただ、FRBがすでにほぼ持ち球を使い果たしたことから、反動高となった時も、それなりの勢いもって上昇している。このため、金融政策の差だけをみて、売りだけに固執はしない方がいい。103円や102円といった水準は、101円バックの買いもありだ。

また、ここいった乱高下する相場への対応だが、レバレッジを下げて、値幅を取りに行く方法が賢明だろう。これだけ値動きがあれば、やられても取り返すチャンスがすぐにやってくる。問題は、取り返えしにいく資金があるかということだ。大きく動くから、レバレッジを上げて、大金を狙いにいくとのうでは、一回の失敗で取り返しのつかないことになりかねない。せっかくの大相場、大事に収益を重ねて頂きたい。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が全てでしたね。FEDがインフレを思いのほか気にしているのが…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、続落、日経平均は5日MAに押し返され、TOPIXは75…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 18日、小幅続落、TOPIXの下落が目立ち、日経平均は取引終了…
  4. ドル円は、109.94まで下げて、FOMC相場がなかったことにされた。クロス円の投げが招いたものとは…
  5. 昨日はドル買い、円買いでしたね。ユーロドルやオージードルは、米連邦公開市場委員会(FOMC)前から、…
  6. きょうの戦略$/¥=110.50(6月18日) TSR : 110円50銭 本日の予想レンジ :…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳 好評…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook