アヤ戻し、オージーの戻りは売りか

スポンサーリンク

引き続き、ドル需要が高まっている。昨日、米連邦準備理事会(FRB)は、6中銀に続き、が、9カ国(オーストラリア、ブラジル、韓国、メキシコ、シンガポール、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ニュージーランド)の中央銀行と新たに通貨スワップ協定を結んだ。

スワップ協定締結の発表後は、2時間くらいは、ドルが売られる場面があったが、最終的には、再びドル買いとなった。ドル円は、111.35付近まで上昇、ユーロドルは1.0650前後まで売り込まれた。ゴールドは1465ドルまで下落し、米10年債は1.26%まで上昇(価格は下落)となった。依然として、キャッシュ化の動きは強い。

相場なので急落もあれば、急反発もある。きのうのオージードルは、0.5800付近から節目の0.5500目前まげ急落したが、その後、急反騰し、NY時間には0.5960前後まで水準を引き上げた。豪準備銀行(RBA)が0.25%追加利下げ、そして3年物国債の利回りを0.25%%付近に誘導する目標を設定した。同国にとっては、初の量的緩和だ。

これらは、オージーにとって本来は弱材料であるが、ロウRBA総裁が、「政策金利は現状の水準で数年維持」と述べたことで、打ち止め感が広がった。マーケットは、これをきっかけに、売られ過ぎに感などから、豪ドル買いに動いたようだ。この豪ドルの動きが、先行指標になるかはわからないが、ユーロやポンドも短期的に戻りはあるだろう。

ただ、それはあくまでアヤ戻し的な動きなるかと思う。リーマンショックの際もそうだった。リーマンブラザーズが破綻し、株価が底入れするまで約半年かかったが、その間、一方的に下げ続けた訳ではない。日経平均株価が1171円台となり、上昇率が14%を超え、過去最大の上昇率を記録する日もあった。大きな振幅を繰り返しながら下落していった。

今回の新型コロナウイルスの災禍だが、欧米は、これからが正念場となる。ニュースに一喜一憂するだろうが、今後、新型コロナウイルスの影響から、急激に悪化した経済指標が相次いで発表されるだろう。それらを市場が吸収して、初めて本格的な反騰が始まる。その意味では、昨日のオージーのような反騰は、まだアヤ戻しであり、売り場提供になるかと思う。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 25日、日経平均、TOPIXともに年初来高値を更新するも伸び悩…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 25日、NYダウの3万ドル乗せを好感するも、国内要因が重石とな…
  3. きょうの戦略$/¥=104.458(11月25日) TSR : 104円45銭 本日の予想レンジ…
  4. 夜中の米PMIが意表をつくものだったので、相場は急激に動いた。ユーロは、欧州で昨日の下げを帳消しにす…
  5. ドル円は、金曜の朝から、月曜の夜まで、器用な事に全く動かない。なんでもAIに判断させるのが最近流行だ…
  6. 今週も月曜にワクチン相場(モデルナ)がありましたが、続きませんでした。 しかし、為替相場は値動…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook