転換点が迫る

スポンサーリンク

米連邦準備制度理事会(FRB)が無制限の量的緩和を決定しました。これで、マイナス金利を除けば、出来ることを最大限やりました。これを受けて、マーケットは、一番上昇したのが、ゴールド、そして原油、米債が買われました。ダウ平均株価は、米上院で緊急景気対策法案の成立が失敗したことから下落しました。ただ、夜間取引で米株価指数先物は、600ドル超の上昇となっています。

今回のFRBの政策により、ドルの供給不安がなくなり、相場が大きな転換点に差し掛かった可能性があります。これまで、ドル不足に対する懸念に提灯が付けられ、ドル買いが強まっていました。しかし、ゴールドの上昇が示すように、ドル需要からの換金売りは、今後は少なくなります。これを映し、すでに先週、底入れの気配をみせていた資源国通貨の豪ドルは反騰を強めています。また、ユーロドルも反発を開始しました。

そして、注目されるのはドル円です。このところのドル円の値動きをみると、東京時間は円高方向に振れ、欧州、そして米国時間になると円売りが強まる傾向があります。ドル円の買い本尊はNY勢です。いまは、ドル買いの回転が効いているので、昨日のFRBの決定(ドルを減価させる政策)に対してもドル円は最終的にドル買いの反応になりました。

しかし、111円台半ばでは上値が重くなっているうえ、2月20日、21日は、112円台で上値を抑えられたのち、101円台まで急反落しました。ドル円の111~112円台は、大きなポイントです。同水準の売りの厚さを受けて、NY時間にドル円が円高に振れるようなら、ドル円を買いで仕掛けてきた向きが、FRBの決定を受け、売りに転じた可能性がみえてきます。特に109.30付近の支持割れで突っ込んできた場合は、売りが加速することが予想され、要注意です。3月10日から約2週間続いているドル買い相場も、ターニングポイントが迫っているようです。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 24日、日経平均、TOPIXともに5日MA上を回復し、TOPI…
  2. きょうの戦略$/¥=104.458(11月25日) TSR : 104円45銭 本日の予想レンジ…
  3. 夜中の米PMIが意表をつくものだったので、相場は急激に動いた。ユーロは、欧州で昨日の下げを帳消しにす…
  4. ドル円は、金曜の朝から、月曜の夜まで、器用な事に全く動かない。なんでもAIに判断させるのが最近流行だ…
  5. 今週も月曜にワクチン相場(モデルナ)がありましたが、続きませんでした。 しかし、為替相場は値動…
  6. 今日は為替市場もコロナに感染したような雰囲気。NYが来ても動意を見せず。株式市場も静か。米連銀と財務…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook