<雑感>期末で乱高下

スポンサーリンク

期末要因から相場が仲値にかけて乱高下した。ドル円は、9時35分ころから買い優勢となり、107.90付近から108.20前後に上昇すると、9時55分過ぎに再加速し、108.71付近まで上昇した。なんと、三菱UFJ銀のドル円の仲値108.83だそうだ。今日は、期末に絡んで、日銀のETF買いが入る可能性が高いが、仲値を円安に持っていったのも、意図的なものが感じられる。

実際、こういったことは過去にもあった。このように国策で一時的に吊り上げられた相場は、崩れることが多いので、注意が必要だろう。今日のドル円の値動きをみると、108.71に吹き上げてから下落している。現状、支持となっているのは108.30-40レベルだ。前日の高値が108.29なので、この水準が支持となっているのは、偶然ではないだろう。と、書いているうちに下抜きそう。欧州時間に向けて、特に東京株式市場の引け、午後3時を狙って仕掛けてくる可能性もあるので注意したい。

しかし、年度末を迎えて、円が乱高下するのは、わかるのだが、豪ドル米ドルが0.6190付近から0.6076付近まで急落するのは解せないなぁ。その後、0.6200まで上昇しているけど・・・。ユーロドル、ポンドドルも、同時刻にそれなりに大きく動いている。期末の影響なのだろうか。はっきりとした原因はわからないが、ひとつ言えることは、マーケットがスカスカだったことだろう。そうでなければ、特に材料が出た訳でもない中、乱高下はない。今日は、意味もなく値段が大きく振れる可能性がある。積極的に取引しない方がよさそうだ。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 25日、日経平均、TOPIXともに年初来高値を更新するも伸び悩…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 25日、NYダウの3万ドル乗せを好感するも、国内要因が重石とな…
  3. きょうの戦略$/¥=104.458(11月25日) TSR : 104円45銭 本日の予想レンジ…
  4. 夜中の米PMIが意表をつくものだったので、相場は急激に動いた。ユーロは、欧州で昨日の下げを帳消しにす…
  5. ドル円は、金曜の朝から、月曜の夜まで、器用な事に全く動かない。なんでもAIに判断させるのが最近流行だ…
  6. 今週も月曜にワクチン相場(モデルナ)がありましたが、続きませんでした。 しかし、為替相場は値動…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook