<雑感>米経済活動再開のあとには・・・

スポンサーリンク

非常事態宣言が出て2週目の週末。いかがお過ごしでしょうか。

世界中が新型コロナウイルスの災禍に見舞われ、ロックダウンを行っている都市も多く、不自由な生活を強いられている方も多いです。その効果出ているようで、米国や欧州の一部では、ロックダウン解除、経済再開に向けて動きも始まっています。

先週もトランプ米大統領が経済再開の道筋を述べていました。トランプ米大統領にとっては、経済再開の道筋=大統領選への道筋ということになります。

ただ、わずか4週間で2000万人以上の失業保険申請件数があった米国、いや米国だけではないですが、新型コロナウイルス以前の世界に戻ることは、難しいでのではないでしょう。GDPなどの数値的なものが回復しても、構造的には違ったものになりそうです。

米大統領選まで7カ月。これまでトランプ米大統領は、株価の水準や好調な米景気を自分の手柄とし、再選の柱と位置付けてきました。そのシナリオが崩れさったいま、今度は何ををアピールするのだろうか考えていたのですが・・・。やはり対中政策のようですね。最近のトランプさんのツイートやFOXの報道では、新型コロナウイルスは、中国で作られたという内容のものが多くなっています。

本当に中国が作ったなら、本当はワクチンがもうあるのでは???

なんて思ったりするのですが、5月中旬以降の相場は、また、米中貿易戦争と言う名の覇権争いに絡んだ要人発言で、相場が右往左往する可能性が高そうです。

中国サイドからすれば、次期大統領が、同国との関係が深い(このあたりは、また後日)民主党のバイデン氏を望んでいるでしょうから、あと半年と思って、トランプさんからの要求をはぐらかしながら、やり過ごすのでしょうかね。

週末に、そんなことを考えていたら、なんだか陰鬱な気分になってきました。こんな時、呑みに行けないのがツライ(笑)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ユーロが頑張って上げたものの、潰されている。ドル円は、相変わらずのプー太郎。やはり明日からかな。徐々…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 19日、3日ぶりの反発、日経平均は5日MAを上回るも+2σに届…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 19日、3日ぶりの反発、値嵩株主導で上げ幅を広げるも、わずかに…
  4. 多田幸大氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワ…
  5. 今週の為替相場は、ユーロを中心にドル買いに転じてきたようにみえます。昨年末の逆をやっているイメージで…
  6. 年末から年始にかけて新型コロナウイルスの新規陽性者数が急増したことを受けて、1月7日、菅首相は新型コ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook