☆ギリギリ、ギリシャ

スポンサーリンク

食傷気味のギリシャ問題ですが、それでも、ギリシャ2年債利回りが、債務危機が深刻化していた2012年以来初めて30%を突破しました現実をみると、デフォルトが近づいていることも意識しておかないといけないようです。ただ、マーケットの反応をみると、かつてのようにユーロが一方的に売られているわけでもなく、むしろ買われている場面もあります。おそらく、マーケットはギリシャのデフォルト、ユーロ離脱を織り込んできているのでしょう。

いや、織り込んだつもりになっているだけかもしれません。実際、デフォルトや離脱になれば、どの程度、影響が出るか、正確には誰にもわかりません。リーマンショックの時も、まさかリーマンブラザーズが倒産するとは誰も思っていませんでした。ベアスターンズが救済されるなら、リーマンだってと思っていたはずです。パニックの時は、想像がつかないようなことが起きます。ギリシャがデフォルトとなれば、次はどこ? という話にもなるでしょう。ユーロは、思わぬ安値が出る可能性もあるかと思います。逆にギリシャがこの危機を乗り越えれば、ユーロ圏の経常黒字、回復傾向にある欧州経済を背景に、一気に買いが加速するでしょう。

正直、どちらに転ぶかわかりません。でも、これだけ煮詰まった相場なので、一度、方向が決まれば、その方向に大きく振れるとみています。

ユーロ・ドルでいうなら、1.04-1.11のレンジ放れに素直に付くのが一番かと思います。オプションができるのなら、アット・ザ・マネー付近のコールとプットの両方を買う、いわゆる「ストラドルの買い」もいいかと思います。

どちらにトレンドが発生するかわからないなら、わかってから取引をするのも、いまのユーロ相場ではありです。もしくは、どっちに行くかわからないけど、大きく振れることに期待してポジションを作る。方向性をあてるだけが、トレードではありません。いろいろな取引の選択肢を考えてみるといいと思います。

 

※当記事の内容は、執筆者の個人的な意見、見解であり、エイチスクエア株式会社としての見解ではありません。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週はポンドの一週間でした。月曜に1.0840で始まると同日のアジア時間に暴落し1.0350、そこか…
  2. 私の休みの時のドル円は必ず荒れると言うジンクスがあったのだが、昨日は、全く動かず、自分でも驚いた。ポ…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 30日、大幅反落、米国株安や業績への警戒が広がり日経平均は一時…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 30日、大幅反落、日経平均、TOPIXは-2σを下回り月間ベー…
  5. ポンドの戻りが凄いですね。26日の暴落で1.0338付近まで水準を引き下げましたが、いまは1.12台…
  6. TSR:144円43銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:144円00銭-145円00銭 前日のU…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook