4月30日のポイント・・・インフレ警戒感が強まるか

スポンサーリンク

ECB理事会、日銀金融政策決定会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)、どれも簡単に金融緩和を止めない(止められない)とスタンスが続いていますね。ユーロ圏、アメリカは、インフレの足音が聞こえているのですが、2013年のバーナンキショックのもあるので、余計なことは言わないという感じでしょうか。パウエルさんは弁護士ですし、そのあたりの注意もしっかりしているのでしょうね。

ただ、昨日発表された、第1四半期の米GDP成長率は前期比6.4%増、GDPの約7割を占める個人消費も同10.7%増と絶好調です。ワクチン接種が進んだことや、昨年末から、2回現金給付、さらには失業給付の特例加算が9月まで延長されたことなど家計向けの政策が消費を押し上げています。これからは、バイデン政権のインフラ投資などの企業向けの財政政策のお金が実際に流れることから、企業業績も上向いていきそうです。コモディティ市場では、銅が1万ドル(1グラム=1円)を超えました。

そうなると、「いまの物価上昇が一時的」とほんとに言っていられるのかなぁ~と思ってしまいます。遅かれ早かれ、FRBがテーパリングに向き合うのは避けられないでしょう。今年に入ってから、米長期金利の値動きが非常に荒いのも、市場がテーパリングに敏感になっているからです。

ただ、最近、ECB理事会やFOMC後の値動きの大人しさをみると、何だかマーケットが、いまのぬるま湯的な相場がいつまでも続くような錯覚をしているように感じます。マーケットに限らず、人は「寝耳に水」が一番敏感に反応します。FRBは、いずれテーパリングをします。状況次第では、年内の可能性もあると考えています。そろそろ地ならしを始めた方がいいような気がするのですけどね。まぁ、まずは今夜のPECコアデフレータがどのような数値になる注目したいと思います。

「FOREX NOTE 為替手帳 2021」の好調発売中!
今年もよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 雇用統計、衝撃的な内容でした。失業率が前月の3.5%から3.4%に低下し、1969年以来の低水準、非…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 3日、日経平均は5日MA上を維持するも、TOPIXは5日MAに…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 3日、主力株買いで日経平均は3日続伸、TOPIXは5営業日ぶり…
  4. さすがに開けてみるまでわからない米指標。ビックリ玉手箱の雇用統計。いつも我々がメディアに言われていた…
  5. 昨日のドルストレートの動は、ちょっと私のイメージしたものと違いました。前々日(1日)は米連邦公開市場…
  6. TSR:128円60銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:128円50銭-129円50銭 前日のU…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売!!!

    INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売中!!! ◆い…
  2. FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!!!

    FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダ…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook