5月4日のポイント・・・豪ドル、レンジ放れなるか

スポンサーリンク

昨日の米ISM製造業景況感指数は、ひどかったですね。予想の中央値65.0に対して、60.7とは・・・。前回が64.7、インフレの兆候もあるので、さらにいい数値が出てくるかと思っていましたが、大外れでした。詳細は以下の通りです。
新規受注 64.3(前回68.0)
生産   62.5(前回68.1)
雇用   55.1(前回59.6)
入荷遅延 75.0(前回76.6)
在庫   46.5(前回50.8

すべて低下していますが、雇用の低下は、ちょっと気になりますね。入荷遅延の低下も、ロジスティックスが回り出しているのかもしれません。となると、インフレも後退?まぁ、一回のデータでは、なんともですけどね。バフェットさんの言うように、一部の富を増やした人が高い値段でモノを買ってインフレを起こしているようだけのようにも、見えないのですけどね~。
追記:在庫が減っているので、サプライチェーンの混乱はまだ続いており、それにより、生産が追い付ていないようですね。雇用の低下がよくわからないですが、声明文をみると、「製造業は11か月連続で好調で、需要、消費、投入量は3月に比べて力強い成長を記録たした」とあり、やはりインフレの懸念は引き続き、ありますね。

・今日はRBA理事会
さて、今日は豪準備銀行(RBA)理事会です。4月の理事会では、住宅価格の上昇と超低金利について監視を続けていくことで一致しています。ただ、4月28日に発表された2021年豪第1四半期CPIは、前期比が0.6%上昇(予想0.9%上昇)、前年比は1.1%上昇(予想1.4%上昇)と、ともにアナリスト予想を下回る内容となりました。豪連邦統計局は、インフレ率の上昇鈍化について、政府の制度と補助金により新築住宅価格と高等教育費が低下したことが一因と述べています。

RBAは、インフレターゲットを前年比2-3%に設定しており、過去5年間、これを下回っています。超緩和政策はまだまだ続きそうです。ただ、前月も前々月もそうでしたが、緩和縮小の思惑があるのか、なぜかRBA理事会の前後は豪ドル高になります。昨日の豪ドルもISMの影響もありますが、そうなりました。豪ドル米ドルは、現状、下値が0.76後半、上値が0.78前半でがっちりレンジなので、RBA理事会で跳ねたら0.7820付近をバックに売りも面白いかと思っています。

「FOREX NOTE 為替手帳 2021」の好調発売中!
今年もよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 昨日のドル円は、じわじわと145.14まで上げ、高値引けでした。私も買いでいいと思っています。ただ、…
  2. 日本時間7日21時30分に9月の米雇用統計が発表されます。大方の予想は、失業率が3.7%、非農業部門…
  3. TSR:144円75銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:144円25銭-145円25銭 前日のU…
  4. 東京も欧州も全くドル円に興味を見せなかったのだが、NYは血気盛ん?に再び145円目指して鋭意努力展開…
  5. 昨晩は、ISMでどんでん返しになったね。金利は急低下するし、株は進撃の巨人みたいだったし。今までIS…
  6. 昨日、ドル円は145.30まで上昇し、介入があった先月22日以来の145円台に突入しました。その後、…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook