6月10日のポイント-米消費者物価指数待ちだが

スポンサーリンク

今週は、米消費者物価指数に注目!ってもう耳タコですね。まぁ、いま特に注目されている数値なので、致し方ないのですかね。マーケットの方もこれに歩調を合わせており、ドル円の今週の値幅は47銭しかありません。CPIで動かなかったら、卒倒しそうです。

まぁ、さすがに動くと思うのですが・・・

いまのところ予想は以下のようになっています。
米5月消費者物価指数(総合)
前月比: 0.50%(前回0.80%)
前年比: 4.70%(前回4.20%)
コア/前月比: 0.50%(前回0.90%)
コア/前年比: 3.50%(前回3.00%)

予想は、4月より高い上昇率となっている。まぁ、昨年の2020年4月の米CPIは前年同月比で0.3%上昇、5月は0.1%上昇となっており、コロナ前の2019年11月~2020年2月まで前年同月比で2.0%以上の上昇していたのが、コロナで一気に景気が冷え込んだ時期なので、上昇率の高い数値が出やすいのは、当たり前と言えば当たり前です。逆に言えば、来年の前年同月の上昇率は低くなりやすいです。米連邦準備制度理事会(FRB)のメンバーなどの一部、インフレは一過性と言っているのもこのあたりの事情もあるでしょう。

個人的には、インフレが一過性のものという考えには、疑問があるのですが、その話はまたいずれ。ところで、ドル円ですが、上攻めとなれば、一目均衡表の転換線109.76が最初の関門。同線を上抜くと、110円台回復を試しそうです。110円台に乗せれば、4日の高値110.33が見えてきます。

一方、下落となれば、7日の安値109.19付近がポイントになります。前日の安値が109.23、8日の安値は109.20であり、同水準は比較的強い支持となっています。この水準を下抜くと、109円割れを試しそうです。

「FOREX NOTE 為替手帳 2021」の好調発売中!
今年もよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が全てでしたね。FEDがインフレを思いのほか気にしているのが…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、続落、日経平均は5日MAに押し返され、TOPIXは75…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 18日、小幅続落、TOPIXの下落が目立ち、日経平均は取引終了…
  4. ドル円は、109.94まで下げて、FOMC相場がなかったことにされた。クロス円の投げが招いたものとは…
  5. 昨日はドル買い、円買いでしたね。ユーロドルやオージードルは、米連邦公開市場委員会(FOMC)前から、…
  6. きょうの戦略$/¥=110.50(6月18日) TSR : 110円50銭 本日の予想レンジ :…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳 好評…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook