7月23日のポイントーユーロは売り主導の展開が継続か

スポンサーリンク

注目されたECB理事会は、フォワードガイダンスが変更され、超緩和政策がさらに維持されることになりました。新戦略と言っていたので、「インフレ目標を2%弱から2%に引き上げ」だけとは、ちょっと肩透かしをくらった気分です。ただ、その後の記事などをみると、ドイツとベルギーがフォワードガイダンスの変更に反対、この2カ国のほかにも反対意見が出てようで、今回の理事会は、かなり荒れたのかもしれません。少なくとも、ECBが一枚岩なんてことはないようです。各国の不満がどのような形で噴出していくのか見守りたいです。

ただ、値動きについて言えば、ECBの発表直後は、方向感なく推移し、ラガルドさんの記者会見で一時1.1830まで上昇しましたが、その後1.1757まで下落しており、チャートの形は悪いですね。ユーロドルは、ECB理事会への期待があったのか、先週の後半から下げ渋る動きがありました。ECB次第では、1.1880付近まで戻ってもいいと思っていたのですが、ダメでしたね。ユーロは再度売られる可能性が高まっているように思います。

一方、チャート的に短期の底入れの可能性があるので、ポンドドル。週足が下ヒゲの長い陽線で終わる可能性があります。19,20日の動きで、サヨナラかと思ったのですが、強いです。中長期では、売り目線でいいかもしれませんが、短期ではここから売りたくはないです。

最後にドル円ですが、今週は110円台前半攻防が長くなってきました。現在、比較的重要なポイントにあるとみています。今日の引けが110円台を維持すると、週足は買いサインのように見えます。逆に110円を割って引けると、陰線が3本並び、来週は売りが先行しそうな形になります。今日の引け次第で、来週の戦略が大きく変わりそうです。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 28日、4営業日ぶりの大幅反落、日経平均は再び5日と200日M…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 28日、4営業日ぶりの大幅反落、米国株安と中国市場への警戒で売…
  3. 注目されたFOMCは、政策変更はなく、相変わらず超緩和政策が続くといった内容でした。インフレは一時的…
  4. きょうの戦略$/¥=110.98(7月29日) TSR : 109円98銭 本日の予想レンジ :…
  5. FOMCとパウエルは、まあ、予想の範囲内って感じ。いつも通り。だんだん、日銀みたいになってきたなあ。…
  6. 先週のドル円の週足に注目していたのですが、110.54で引けて、下影陽線になりましたね。週足はこれで…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2021 株式手帳 好評…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2021 為替手帳 ■為替相場歴46…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook