<雑感>8月最終週はドル売りから?

スポンサーリンク

注目されたジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演ですが、年内のテーパリングを再確認したものの、具体的な時期は示されず、新鮮味は感じませんでした。連銀総裁達から早期のテーパリングを訴える発言が相次ぐ中、シロクロ付けないことで株高を演出し、再選のために民主党沢左派の支持を取り込む。弁護士出身の議長さんらしいなぁと、少しひねくれた見方もしてしまいました。

さて、為替市場はそう大きく動いた訳ではないですが、ドル売りの反応でした。金曜日のドル売りで、前週のドルインデックスのレンジからの上放れが否定させており、29日からの週は、ドル売り優勢となりそうです。

ドルインデックスでみると、また、レンジ内押し戻されたことで、92ポイント前後まで下落を想定した方がよさそうです。

では、どの通貨を対ドルで買うかですが、先週、特に強かったのはオージーとキーウィです。しかし、両通貨とも戻り高値を取っていないうえ、直近安値の近辺に強い支持も見当たりません。ちょっと買いにくいです。むしろ、この両通貨については、今週、もしくはレーバーデー明けになってしまうかもしれませんが、戻り売りの場所を考えたいと思っています。

ユーロドルの押し目買い?
となると、買っていくのは、ユーロドルかポンドドルです。個人的にユーロドルの方が、なんだか見やすい(あくまで個人的な感触です。すみません)ので、ここではユーロドルを考えてみたいと思います。

27日の取引で、ユーロドルの上値が抑えられたのが1.1802付近。この水準は、8月13日に上値が抑えられた水準と同じです。節目ということも、意識されたのでしょう。この水準では、買いたくないです。一方、先週の反発場面で支持となったのは1.1725前後でした。ここを割ってしまうと、流れが変わる可能性があるので、ロングのストップはこの付近に置きたいです。そして、買い場としては、8月中旬以降、何度ももみ合いとなっている1.1750近辺と考えています。あくまで、現時点での個人的な考えですどね。

それでは、今週も頑張っていきましょう。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. TSR:133円65銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:132円65銭-133円65銭(ドルレンジ…
  2. 今日は、腕力相場。PPIで大きく動くことはないのだが、二匹目のどじょう狙いが多かった。金利の上げ下げ…
  3. 今日、11日、メキシコ銀行(中銀)は、金融政策決定会合を開催します。大方の予想では、前回7月23日の…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  5. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  6. 昨日の米雇用統計はサプライズでしたね。今回の雇用統計ですが、木曜日のブログにも書きましたが、いい数字…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook