9月1日のポイントー 戻りを叩かれる、経済指標悪化も米債金利は上昇

スポンサーリンク

昨日は月末ということもあり、ロンドンフィキシング前後で荒れました。チャート的には、ユーロドル、ポンドドル、オージードルなど、上抜けたところを叩かれた格好になっています。先週からドル売りが続いていましたが、変化の兆しになるかもしれません。

きのうのブログにも書きましたが、私はきのう、豪ドル円の80円割れで走るとみて待ち構えていましたが、書いたとたんに上昇して、トホホでした。ただ、東京時間の午後にあれだけ動くこと自体が珍しいので、ちょっと違和感を持ってみていました。

あのまま、NYもドル売りなら、大相場になったかもしれません。ただ、あくまで経験則ですが、なかなか、東京-欧州-NYと相場が続くことはないです。どこかではしごを外されることが多いです。昨日もそんな相場でした。

ひとつ気になったのですが、このところ米国の経済指標の中に、悪化しているものが出てきています。きのうの米消費者信頼感指数も6カ月ぶりの低水準でした。ただ、それでも米10年債金利は上昇(価格は下落)しています。こちらも少し違和感のある動きなので、米債市場の動きは、注意しておいた方がよさそうです。ちょっと長くなってしまいました。今日、個人的に注目している通貨があるのですが、そちらは後ほどお送りします。

それでは、今日も頑張っていきましょう!


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ドル円が重くなってきましたね。昨日の日銀金融政策決定会合を受けて、一時、115.06まで上昇しました…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、日経平均は一時25日MAを上回るも上ヒゲ陰線を形成して…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 18日、続伸して始まるも米長期金利の上昇が嫌気され、マイナスに…
  4. TSR : 114円73銭 本日の予想レンジ : 114円55銭-115円35銭(ドル強レンジ…
  5. 日銀と総裁は、思った通りで、何もたいして変わりはなかった。いろいろ思惑を出していた向きもいたが、総裁…
  6. 先週発表された2021年12月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比の上昇率が7.0%と39年半…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook