9月9日のポイントー FRBに先んじる?

スポンサーリンク

いよいよECB理事会ですね。先週はこれまでと違ってずいぶんタカ派ともとれる発言をしてラガルドECB総裁ですが、本番ではいかがでしょうか。新型コロナウイルス対応で実施している債券購入のペースの縮小(テーパリング)を決定し、実行に移すのか注目されます。

今回、テーパリングが決定すれば、FRBより早いわけで、インパクトがありそうです。その場合は、再びユーロが買われることになると思うのですが、それをECBが望んでいるのかは微妙です。正確に言えば、ドイツなどは問題ないでしょうが、スペインなど南欧という呼ばれる国々はどうでしょうかね~。

また、一番気になるのが、ラガルドさんが、FRBに先んじてテーパリングに動くほど、肝が据わっているかという点です。肝が据わっているというと何だか変な言い方ですが、ラガルドさんがECB総裁になってから、理事会、そしてその後の記者会見で相場が動かなくなりました。これは、前任のドラギ総裁がおしゃべりさんだったせいもあるのでしょうが、ラガルドさんは、官僚的というか、積極的に物事を仕掛けていくタイプではないように見えるのです。今回の理事会も、結局、テーパリングが検討されただけで、具体的な決定等は、ないと予想しています。マーケットとしては、現状、過去2週間続いたドル売りの調整場面が、もう少し続きそうです。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ドル円が重くなってきましたね。昨日の日銀金融政策決定会合を受けて、一時、115.06まで上昇しました…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、日経平均は一時25日MAを上回るも上ヒゲ陰線を形成して…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 18日、続伸して始まるも米長期金利の上昇が嫌気され、マイナスに…
  4. TSR : 114円73銭 本日の予想レンジ : 114円55銭-115円35銭(ドル強レンジ…
  5. 日銀と総裁は、思った通りで、何もたいして変わりはなかった。いろいろ思惑を出していた向きもいたが、総裁…
  6. 先週発表された2021年12月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比の上昇率が7.0%と39年半…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook