9月27日のポイントー ドル円は111円台の値固めに注目

スポンサーリンク

先週木曜日からドル円の上昇が止まりませんね。このブログが書いているのは、欧州中盤ですが、すでに111円間近です。今回のドル円の動きをみると、ドル買いというよりも、円売りです。ユーロドル、オージードル、ポンドドルの値動きをみると、それほどドルは買われていません。

そして、この動きを先導しているのが、NY時間に入ってからですので、NY勢が円売りで仕掛けてきたとみています。また、ドル円と同じようなチャートになっているのが、米10年債金利です。金利を見ながら円売りをしていように思います。金利反転には注意しておきましょう。

この円売りがいつまでも続くかと言えば、少し疑問を持っています。値動きが一方的すぎるからです。強いトレンドの相場は、一方的に動くのではなく、上昇トレンドなら、上昇し、値幅か日柄の調整を入れて、再び上昇するパターンを繰り返します。(下降トレンドはこの逆)。

なぜなら相場が大きく動くには、買い方と売り方の双方の力が必要だからです。調整を入れるということは、上昇トレンドで言えば。売りポジションに有利な時間帯があり、このポジションに買いが向かい、売り方の投げと新規買いが相場を一段高へ持っていくからです(下降トレンドなら逆)。

その意味では、いまのドル円は、買い方のパワーで担ぎ上げあげているだけのように思います。上昇、調整、上昇のパターンをくり返していないので、支持線らしい支持線も見当たりません。こういう相場は、反転すると、スルスルと落ちていくことが多いです。

では、この上昇相場が継続するために必要なことですが、個人的には111円台に入った時に、値固めができるかです。日足で111円台しっかり支持できるかに注目したいです。ドル円は、8月3,4日に下攻めした際に、108円台に突っ込んだのですが、終値ベースでは、108円台を維持できず109円台に戻すと、そこから、8月11日かけて5連騰し111円手前まで上昇しています。今回は、この逆になるのですが、111円台の値固めに失敗すれば、109円台に押し戻しされる可能性も十分にあると思います。

なお、上述した8月11日にかけての上昇も、今回のように調整場面がなったので、8月16日には109.12まで水準を引き下げました。適度な調整を入れない相場は、反転した時の値動きも一方通行になることが多いので注意しておきましょう。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週もドル円はよく動きましたね。7月の米消費者物価指数が発表された10日の値幅は3.27円あり、今年…
  2. 今日のドル円は、ギクシャクしながら回復。モタモタしているのも当然で、CPIとPPIで 激しく売られ…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、3日ぶりの大幅反発、日経平均は上値の抵抗を突破して陽転…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 12日、大幅反発、米CPIが予想を下回り米国株が大幅高となった…
  5. ドル円、上に下に大きく動きますね。「雇用統計の敵はCPIで!」って感じで、雇用統計でショートが一掃さ…
  6. TSR:133円65銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:132円65銭-133円65銭(ドルレンジ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook