10月13日のポイントー 米消費者物価に注目、ドル円は114円台をうかがう

スポンサーリンク

今日は注目の9月の米消費者物価指数の発表があります。前回、8月分が発表された9月14日は、アナリスト予想を下回れる数値となったことから、一旦、ドル売りになり、その後、ドル買いに転じる結果となりました。ユーロドルやポンドドルは上ヒゲの長い陰線を付けています。

今回のアナリスト予想は以下の通りです。
米9月消費者物価指数
前月比:予想0.30%(前回 0.30%)
前年比:予想5.30%(前回 5.30%)
コア/前月比:予想 0.20%(前回0.10%)
コア/前年比:予想 4.00%(前回4.00%)

予想を上回れば、インフレ懸念がさらに強まり、米債金利が上昇し、ドル買いにつながりそうです。金利上昇から株安となれば、ドル買い・円買いの可能性もありそうです。

きのう、ドルインデックスは終値ベースで年初来高値を更新しています。ユーロが弱いのがその背景にあります。そのユーロドルですが、昨日、年初来安値を更新し、1.1500割れが視野に入っています。今日のCPIをきっかけに売りが先行し、1.1500をしっかり割ると、1.12台を意識した展開となりそうです。

ドル円は、昨日も述べましたが、114円台が上値の一旦のメドと考えています。114円台は2017年以降、週足ベースで何度も止められた水準です。2018年11月28日の高値114.04、同年11月12日の高値114.21、同年10月4日の高値114.55など、チャートポイントが多くあります。トレードとしては、買い目線でいます。

ただ、きのうのように、クロス円が軟化するようなら、上値が重くります。ここまで、ほぼ一方的な上昇だっただけに、注意はしておきたいです。特に、きのう、113円ちょうどで支持されただけに、112円台に沈むと、売り圧力が強まりそうです。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  3. 今夜は注目の7月の米消費者物価指数の発表です。予想は以下の通りです。 米7月消費者物価指数 …
  4. 日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0…
  5. TSR:134円95銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:134円60銭-135円60銭(ドルレンジ…
  6. よくわからない冴えない相場が続いている。ドル円は、134と135の繰り返し。今日は、ユーロが強い。オ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook