10月14日のポイントー ドル円は調整局面か

スポンサーリンク

きのうは、「そうなると難しくなるなぁ~」という値動きでした。ドル円は、CPIで上昇したのはいいですが、113.80と前日の高値113.79に対し一文新値で上昇が止まると、113.23まで下落という展開でした。「鬼より怖い一文新値」なんている相場格言がありますが、ちょっと悩ましいところ止まってしまいました。

CPI発表後、113.80までの値動きをみていると、60や70もかなり売りがあったように見えました。そして、80も相当売りが厚いように見えました。前回も述べましたが、114円台は、かなりの節です。直近の上昇が値幅を持っての上昇だっただけに、そろそろ、調整というところでしょうか。時間足では、ダブルトップを形成していますし、売りが出やすいそうです。

短期的にみると、ドル円の支持は113.20-30、そして12日に支持された113円前後あたりです。どの時間軸で取引を考えるかによりますが、直近の上昇を10月4日の110.85付近と捉えるなら、約3円の上昇に対し、113.20-30だと50-60銭幅の調整になりますが、少し小さいように思います。113円を割って、11日の東京中盤から欧州序盤にもみ合いとなった112.70-80付近までの調整があってもおかしくなさそうです。ここで下げ止まらないと、112円台は、直近の上昇でスルスルって上げてきたところなので、112円付近まで下落する可能性もありそうです。

まだ、長期の上昇トレンドは崩れていないので、112.80付近で下げ止まり、もみ合いとなるなら、このあたりは買いから入ってみたと思っています。しっかり割れてくるようなら、ショートで考えています。もっとも、113円を割らずに、再度、上昇する可能性も十分にあるので、113円台前半で試し買いというのもいいと思います。

ただ、いまのように大きなトレンドが一服した可能性がある時は取引が難しくなるので、ロットを落とすなどの取引の強弱をつける対応が必要になりそうです。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  3. 今夜は注目の7月の米消費者物価指数の発表です。予想は以下の通りです。 米7月消費者物価指数 …
  4. 日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0…
  5. TSR:134円95銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:134円60銭-135円60銭(ドルレンジ…
  6. よくわからない冴えない相場が続いている。ドル円は、134と135の繰り返し。今日は、ユーロが強い。オ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook