11月30日のポイントー 中長期ではドルの押し目買い場面か 

スポンサーリンク

「オミクロン株」相場も、いまのところ、ひと段落というところでしょうか。これで終わりなら、一日天下ですね。まぁ、まだ正体が見えていないというのが現状で、ショートの積み上がっていた円は、それ故に、急激な買い戻しが入ったのでしょう。それは、ユーロドルやNY原油も似たようなものでしょう。

ただ、状況的には、あまり変わっていないと思っています。米国と欧州の景気、さらには金融政策の行方を見比べれば、米国の方が強いです。先週発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録をみても、FOMC後の会見の印象より、インフレに対する警戒感が強いように思います。日米とみても、同様です。日本が緩和縮小に動くのは、まだまだ先のことになるでしょう。

そうなると、直近のドル売り場面は、中長期で考えるとドル円なら買い場探し、ユーロドルなら売り場探しとなりそうです。チャート的には、ドル円の11月9-10日の安値がある112.70-80は、ポイントになりそうです。この水準を割ってしまうと、下に走りそうです。買いで入るなら、113.20-30付近を考えています。

一方、ユーロドルは、1.1370-80あたりが節になりそうです。26日、金曜日の高値1.1331を超えてくると多少跳ねそうなので、跳ねた後のプライスアクションをみながら、1.1370-80あたりをバックに売りを考えています。ただ、買いに勢いが付くと売りにくいので、ショートで入るにしても、時間足か30分などで、ソーサートップやダブルトップなどの、天井形成のチャートをみてから入ろうと思いっています。

ユーロドルは、売りが長く続いたので、反発も相応の時間となっても不思議はありません。あまり、簡単には、ショートを作りたくないです。その意味では、日計りなら、ロングもいいかと思っています。昨日は、1.1258付近でトリプルボトムのような形になっているので、短期のロングは、このあたりの水準をロスカットに考えています。

「FOREX NOTE 為替手帳 2022」好調発売中!
今年もよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ドル円が重くなってきましたね。昨日の日銀金融政策決定会合を受けて、一時、115.06まで上昇しました…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、日経平均は一時25日MAを上回るも上ヒゲ陰線を形成して…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 18日、続伸して始まるも米長期金利の上昇が嫌気され、マイナスに…
  4. TSR : 114円73銭 本日の予想レンジ : 114円55銭-115円35銭(ドル強レンジ…
  5. 日銀と総裁は、思った通りで、何もたいして変わりはなかった。いろいろ思惑を出していた向きもいたが、総裁…
  6. 先週発表された2021年12月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比の上昇率が7.0%と39年半…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook