12月31日のポイント― 来年は動くかな

スポンサーリンク

今年も終わりますね。今年の最後は、いまの円の独歩安となっています。もう31日なので、ドル円が11月24日に付けた年初来高値115.52を取れるかは微妙ですが、12月の陽線引け、そして年足の陽線引けはほぼ確定です。

ドル円が年足で陽線となったのは、2015年以来ですから、6年ぶりのことになります。年間の値幅が小さかったこともあり、2016年~2021年まで円高になったという気もあまりしません。ただ、チャート的には今年3月の陽線で、下降トレンドをブレイクし、9月まではトレンドレス、そして10月以降、上昇トレンドに入っています。115円台は、2017年3月以降、何度も上値を抑えられた場所であり、簡単には突破できないかもしれませんが、この水準を上抜くと、2017年1月の高値がある118円台や節目の120円を視野に入れた展開となりそうです。

ただ、ドル円の年間値幅が少なくとも10円前後と考えると、どこかで110円付近まで押す可能性もありそうです。どのタイミングかを推し量るのは難しいですが、米2年債と10年債のスプレッドが0.2%くらいまで縮小してくると、株式市場が動揺してきそうですし、危ういかと思っています。

いま、市場はFRBのテーパリング、そして利上げを織り込みながらドル買いに振れています。アナリストレポートなどもみても、そのほとんどが、ドル高・円安予想です。この状況では、何らかの形(株価のクラッシュ、要人発言等)でその巻き戻しが起きると、相場としては面白くなりそうです。少なくとも、金利面などからドルが買われる相場よりは、ボラティリティが上がりそうです。

相場を張っているうえで、一番困るのが、相場が動かないことです。その意味では、来年のドル円のボラティリティは、今年よりは高くなるかと思っています(希望的観測)。

それでは、来年もがんばっていきまっしょい!

「FOREX NOTE 為替手帳 2022」好調発売中!
今年もよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週もドル円はよく動きましたね。7月の米消費者物価指数が発表された10日の値幅は3.27円あり、今年…
  2. 今日のドル円は、ギクシャクしながら回復。モタモタしているのも当然で、CPIとPPIで 激しく売られ…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、3日ぶりの大幅反発、日経平均は上値の抵抗を突破して陽転…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 12日、大幅反発、米CPIが予想を下回り米国株が大幅高となった…
  5. ドル円、上に下に大きく動きますね。「雇用統計の敵はCPIで!」って感じで、雇用統計でショートが一掃さ…
  6. TSR:133円65銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:132円65銭-133円65銭(ドルレンジ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook