1月27日のポイント― パウエルさん タカ派

スポンサーリンク

注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)ですが、FOMCの内容自体は、特にサプライズもなく、実際、FOMCの結果発表時点では、相場はあまり動きませんでした。動いたのは、パウエルFRB議長の記者会見でした。

私は、いまの米国株の現状をみると、パウエルFRB議長は、あまりタカ派的な発言はしないのではと思っていました。しかし、蓋を開けみると、以下のようにタカ派一色!

「経済はもはや持続的な高水準の政策支援を必要としない」
「高インフレが今より広範に広がっている」
「バランスシート縮小の時期とペースについては決定していない」
「毎回のFOMC会合で、利上げする可能性を排除しない」
「金利を引き上げる余地はかなりある」
「バランスシートの縮小は前回より早期で急速となる可能性」
「利上げについては3月のFOMCで決定する」
「インフレリスクは引き続き上向き」
「バランスシートはかなりの量を縮小する必要」

これでは、460ポイント以上上昇していたナスダックもマイナスサイドに下落しますし、ドル高にもなりますね。パウエルさん、こうなることを見越して発言したとも思えないので、市場との対話という意味では、失敗したかなと思います。

さて、これを受けての為替市場は、ドル買いとなったわけですが、主要通貨は、レンジの下限やチャートポイントの手前で止まっており、ちょっと仕掛けにくいです。ユーロドルは、1.12台前半まで下落し、1.12半ば~1.13台半ばのレンジから下方ブレークしたのですが、1.12台前半は、昨年12月7日、15日に支持された水準であり、少し広めにレンジをみれば、レンジ下限になります。ポンドドルの1.3440付近は、1月24日から支持されている水準、唯一、オージードルが0.7075付近まで下落し、チャート的には崩れた格好になっています。

FOMCで材料出尽くしとなる可能性もあるので、突っ込んで売るのは、ちょっと躊躇われるところです。個人的には、0.7130くらいをバックにオージーのショートを考えていま。0.7110くらいまで戻すといいのですが。

それでは、きょうも頑張っていきましょう!

「FOREX NOTE 為替手帳 2022」好調発売中!
今年もよろしくお願いいたします。
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 25日、続落となり、日経平均は25日MAを、TOPIXは5日M…
  2. TSR:127円05銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:126円65銭-127円65銭(ドルレンジ…
  3. 今日の東京と欧州。な~~んだって感じ。昨晩の126円ミドルあたりの攻防激しかったんだけどなあ。切りが…
  4. ドル円が、127円をついに割りましたね。126.35まで下落して、今日は127円台前半まで戻してます…
  5. TSR:127円20銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:126円30銭-127円50銭(ドルレンジ…
  6. 悪化が予想された米指標前に硫黄島127が粉砕された。126.36まで落ち込んでからの戻りがあまりにも…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  2. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook