7月22日のポイント・・・0.50%の利上げでもユーロは売りか

スポンサーリンク

注目されたECB理事会ですが、ここ数日流れた噂通り0.5%の利上げとなりました。利上げは11年ぶり、上げ幅としては2000年以来22年ぶりの大きさでした。ブラックアウト期間に、匿名の話で0.50%の利上げの話が出てきたのは、どうかなぁと思っていたのですが、ある意味フォワードガイダンスだったのですかね~。なんだか、先月の米消費者物価指数の発表の時もそうでしたが、直前にコロッと変わることが多いですね。それだけ、状況がひっ迫しているということでしょうか。安定の日銀がやけに目立ちます。

さて、マーケットですが、なんだか難しくなってきました。ECBの0.50%の利上げの発表があった際ですが、ユーロドルは1.0195あたりから最初こそ1.0240付近に上げたのですが、その後はジリジリとした上げで1.0279まで水準を引き上げました。そして、ご存知のように、そこから崩れていったのですが、今週の値動きをみればわかるように、1.02台は戻り売りが多いです。

米国の景気後退観測や利上げ幅が予想ほど大きくはならないとの見方から米債金利が低下し、ドル売りも出ていますが、ユーロとドル、どちらが強いと言われれば、現時点では、ドルに軍配が上がるでしょう。ユーロドルは、売りがいいかと思っています。

一方、ドル円ですが、基本は買いがでいいと思っています。今朝の、137.02付近までの下げで、ある程度投げも出たとみています。4時間足などをみると、崩れかけているのですが、139円台までやった相場なので、相応の調整はあるでしょう。6月21日に136円台に入った時もそうでしたが、その後、134円台半ば~136円台後半のレンジ相場を2週間くらいやってから、次の相場に入っていきました。

今回も同様の展開になるとは限りませんが、次の高値を取るにはあと1週間程度は必要になるかなと思っている。そうやって、値固めしながら上昇していく相場の方が強くて長続きします。以前も話しましたが、ドル円は、長期目線でのロングと、短期でロングもショートも出来る取引体制を作っておくのがいいと思っています。

「FOREX NOTE 為替手帳 2022」好調発売中!
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. TSR:133円40銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:133円20銭-134円20銭(ドルレンジ…
  2. 今週もドル円はよく動きましたね。7月の米消費者物価指数が発表された10日の値幅は3.27円あり、今年…
  3. 今日のドル円は、ギクシャクしながら回復。モタモタしているのも当然で、CPIとPPIで 激しく売られ…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、3日ぶりの大幅反発、日経平均は上値の抵抗を突破して陽転…
  5. マーケットコメント-マーケット情報 12日、大幅反発、米CPIが予想を下回り米国株が大幅高となった…
  6. ドル円、上に下に大きく動きますね。「雇用統計の敵はCPIで!」って感じで、雇用統計でショートが一掃さ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook