8月2日のポイント・・・下値追いの展開、買いは焦らずに

スポンサーリンク

ドル円の下落が止まりませんね。米10年債は2.52%くらいまで下落しており、金利低下に合わせて下落という風にみえますが、ドルロングもかなり溜まっていたのでしょう。その象徴的だったのが、先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)の際、発表前に137円台を一所懸命に買っていたことです。

タカ派と目される、ウォラー理事やブラード米セントルイス連銀総裁が、6月の消費者物価指数発表後、1.00%の利上げ期待が高まる中、7月のFOMCでは0.75%利上げが適切と述べたのにも関わらず買うというのは、1.00%の利上げがあると踏んでいたのでしょうかね~。これまで押し目買っていれば、報われる相場が3月から続いていたので、その反動でしょう。いまは、「押しを買っては投げさせられる」という感じになっているかと思います。

チャート的には6月16日の安値131.50を割ってしまったので、底が深くなってしまった感があります。3月11日の116円に乗せて買いが加速したところから、7月14日の高値139.39までの上昇の38.2%押しが130.53付近(この水準はすでに到達)、次が節目の130円、そして半値押しが127.75となります。日銀の緩和政策、FRBの金融引き締めはまだ続きますし、日本の1-6月期の7.9兆円の貿易赤字をみると、長期での円安基調は変わりないでしょうから、長期目線なら買っていってもいいと思ってます。

ただ、相場なので何が起きるかわかりません。いまのように、戻してもダラダラと下げてくるうちは、無理に買う必要はなく、例えば、前日の高値をしっかり上抜くなど、相場に変化がみられてから買っても遅くはないと考えています。

「FOREX NOTE 為替手帳 2022」好調発売中!
ご購入はこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. TSR:133円40銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:133円20銭-134円20銭(ドルレンジ…
  2. 今週もドル円はよく動きましたね。7月の米消費者物価指数が発表された10日の値幅は3.27円あり、今年…
  3. 今日のドル円は、ギクシャクしながら回復。モタモタしているのも当然で、CPIとPPIで 激しく売られ…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、3日ぶりの大幅反発、日経平均は上値の抵抗を突破して陽転…
  5. マーケットコメント-マーケット情報 12日、大幅反発、米CPIが予想を下回り米国株が大幅高となった…
  6. ドル円、上に下に大きく動きますね。「雇用統計の敵はCPIで!」って感じで、雇用統計でショートが一掃さ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook