9月14日のポイント・・・日銀「レートチェック」、いよいよ介入?

スポンサーリンク

日銀が為替介入の準備のために市場参加者に相場水準を尋ねる「レートチェック」を実施したと報じました。これを受けて、ドル円は午後1時半すぎに144.30付近から143.65前後まで水準を引き下げました。

きのうのCPIでショートが一掃され、143円台後半から上の水準では、ロングが増えていたでしょうし、今朝のドル円の上攻めで、145円が取れなかったことで、高値警戒感も広がっています。投げが出やすい環境かと思います。このため、ドル円の短期は売り目線で考えています。

ただ、中長期で考えると、突っ込んだところは買いたいと思っています。日銀が実際に円買い介入をするとしても、各国中銀から理解を得るのは難しいので、協調介入はまずないです。委託介入も難しいでしょうから、出来るとすれば、東京時間に単独介入です。介入効果というは、時間とともに薄れます。

1998年のドル円相場でも、2兆円超の介入をしましたが、効果は続きませんでした。1998年8月に147円台だったドル円が、10月に111円台まで急落したのは、ロシア危機に端を発したLTCM(ロングタームキャピタルマネジメント)の破綻が原因です。介入ではありません。

個人的には、ドル円の上昇トレンドが反転するなら、日銀が金利を動かすか、市場の関心が米国のネガティブな面(財政赤字や景気の急減速など)に注目した時だと考えています。逆に言えば、それまでは突っ込んだところは、拾ってもいいとみています。

なお、円安のスピードが緩まるとすれば、インバウンドの増加です。政府は、入国者数の上限撤廃を検討しているそうなので、どの程度の人が訪日するかわかりませんが、実需の円買いが数兆円は入ってくるでしょうから、スピード感という意味では、多少、落ち着くかもしれませんね。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 早いものでもうすぐ1月も終わりです。「一月往ぬる二月逃げる三月去る」とはよく言ったもので、このままだ…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 27日、小幅反発、日経平均は5日MA上を維持するも小陰線を形成…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 27日、小反発、週末で方向感のない小動きとなるなか商いは決算発…
  4. 東京CPIで相場が動く時代が到来するとはね。以前から、先行指標で追跡していたのだが、反応したのは初め…
  5. 値動きが悪くなってきました。昨日は、ドル売りが加速すると少し走るかなと思っていたのですが、不発に終わ…
  6. TSR:129円93銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:129円90銭-130円90銭 前日のU…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売!!!

    INVESTORS HANDBOOK 2023 株式手帳 好評発売中!!! ◆い…
  2. FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!!!

    FOREX NOTE 2023 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダ…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook