6月8日のポイント・・・利上げ続く、ドル円は押し目待ち?

スポンサーリンク

今週は、RBA、BOCと予想外の利上げが続きました。市場予想からみれば予想外でしたが、経済指標などをみると必ずしもそうでなかったように思います。後講釈になってしまいますが、昨日のブログで述べたように、カナダの利上げの可能性は少なくはなかったでしょう。

まず、オーストラリアの状況をみると、先月31日に発表された5月の月次消費者物価指数(CPI)は、前年比6.8%上昇と前月(6.3%上昇)からインフレが加速しています。また、RBAは、先月16日に公表された、前回開催分のRBA理事会の議事録で、政策金利の据え置きも検討されたが、インフレ上昇率が2025年半ばになるまで目標レンジ(2~3%)の上限に鈍化しないとの中銀予測から、25bp(ベーシスポイント)の利上げが決定したことを表明していました。

一方、カナダも4月の消費者物価指数(CPI)は、前年比4.4%上昇と前月(同4.3%上昇)を上回り、10カ月ぶりに上昇率が拡大。また、2023年第1四半期の実質GDP成長率は、前期比年率3.1%増とカナダ中銀が4月に公表した金融政策報告書で予測していた成長率(2.3%増)を上回っていました。

どちらも少なからず利上げの可能性がありました。正直、私もRBAの利上げは予想外でした。一回は様子を見るのではと考えていました。ポジションは、なかったのですが、持っていたらやられました。RBAでやらかした分、BOCは・・・と思っていましたが、もしかしたらといった程度です。

ただ、値動きという面でみると、今週は米消費者物価指数や米連邦公開市場委員会(FOMC)の前週ということもあり、やや大人しいです。いまのところドル・円は139円台と140円台前半をやっているだけです。ユーロドルは安値圏でのもみ合いであり、週間でみても値幅は80弱、そして安値圏にあることから、突っ込んでは売りにくいです。

市場は、RBA、BOCを受けて、6月のFOMCは据え置きでも、7月は利上げとの見方が強まっています。指標一発で、市場の見方は変わるので、なんともですが、ドル買いの流れはまだ継続すると考えいます。ただ、いまはドルの高値圏なので、ドル・円なら139円台前半などの押し目があれば拾いたいと思います。相場は、上昇、下降、もみ合い、大きく三つの局面がありますが、いまはもみ合い。休むも相場です。

「FOREX NOTE 2023 為替手帳」 好評発売中!
ご購入はここをクリック!


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. TSR:150円53銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:150円25銭-150円95銭 前日のU…
  2. 日経平均株価が22日にザラ場ベース、終値ベースでともに史上最高値を更新しました。22日の終値は3万9…
  3. 話にならない。欧米まで祝日気分。ドル円も三羽烏の仲間入りか。 (2月23日。天皇誕生日。23時過ぎ…
  4. TSR:150円12銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:150円10銭-150円80銭 前日のU…
  5. 12月15日、カナダ銀行(中銀)から発表があり、政策金利の発表時間が来年1月よりカナダ東部時間午前1…
  6. FOREX NOTE PREMIUM 2024 為替手帳 緊急販売!!! ◆書き込みやすいB5判…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. INVESTORS HANDBOOK 2024 株式手帳 好評発売中!!!

    INVESTORS HANDBOOK 2024 株式手帳 好評発売中!!! ◆い…
  2. FOREX NOTE 2024 為替手帳 好評発売中!!!

    FOREX NOTE 2024 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダ…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook